3カード連続負け越しは避けたい埼玉西武。注目は2試合で8打点の中村剛也

2019-06-16 09:32 「パ・リーグ インサイト」編集部

【4回裏】記録更新!! ライオンズ・中村が通算18本目の満塁弾を放つ!! 2019/6/14 L-S

 6月16日13時から、メットライフドームでは埼玉西武対東京ヤクルトの「日本生命セ・パ交流戦」3回戦が行われる。15日の試合では一時勝ち越しに成功しながら、悔しい再逆転負けを喫した埼玉西武。カード勝ち越しを決めるのはどちらのチームか。見どころを紹介する。

【今季対戦成績】
埼玉西武→1勝1敗 東京ヤクルト→1勝1敗

【埼玉西武】松本航投手 4試合1勝1敗 20.2回 9奪三振、防御率6.10
【東京ヤクルト】高橋奎二投手 7試合0勝2敗 31.2回 30奪三振、防御率7.11

 埼玉西武の先発はドラフト1位ルーキーの松本航投手だ。5月19日の昇格後、ここまでローテーションを回っているが、6回を投げ切ったことはなく、勝ち星もひとつと伸びていない。この試合では長いイニングを投げ切り、チームの勝利を呼び込めるだろうか。

 埼玉西武打線では中村剛也選手に期待だ。中村選手はこのカード初戦で満塁弾を放つと、15日の2戦目には一時逆転となる値千金のタイムリーと、合計8打点を挙げている。結果的に再逆転を許した15日のリベンジとなるようなバッティングが見られるのか、注目せずにはいられない。

文・鈴木海斗