【試合戦評】最後まで諦めずに戦い抜いた千葉ロッテ。首位・福岡ソフトバンクとの差は再び「7」に。

2016-08-14 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

昨日の試合では福岡ソフトバンクが千葉ロッテを下し、連敗を6でストップ。1勝1敗で迎えるカードの3戦目の先発は、千葉ロッテが涌井投手。対する福岡ソフトバンクの先発は岩嵜投手と、ともに千葉県出身のドラ1右腕による対決で終盤までスコアボードにゼロが並び続ける投手戦が展開された。

涌井投手は初回からいきなり3塁に走者を進められるなど、再三得点圏に走者を背負う投球。しかし味方の好守にも助けられ、要所はきっちり締めて得点は許さない粘投を見せる。

一方の岩嵜投手は150キロを超えるノビのある直球で千葉ロッテ打線を力でねじ伏せ、6回まで3塁を踏ませず。涌井投手とは対照的なチャンスらしいチャンスを与えない投球で無失点に抑え続ける。

その後も両先発がマウンドに上がり続け、0対0のスコアレスのまま試合は9回へ。まずは福岡ソフトバンクの先頭・福田選手が安打で出塁するなど1死2塁の好機。ここで9番・今宮選手が、前進守備の外野の頭上を越える適時三塁打を放ちようやく先制点を奪取。さらに1番・中村晃選手も適時二塁打で続き、2得点。ここまで力投の涌井投手を打ち崩す。

9回に2点を失い千葉ロッテは万事休すかと思われたが、諦めずに相手守護神・サファテ投手を追い詰め、安打と相手の失策などで2死満塁とする。この好機でキャプテン・鈴木選手が起死回生の2点適時打を放ち同点に。試合は延長戦に突入する。

10回表の福岡ソフトバンクの攻撃を2番手・南投手がきっちり3人で終えて流れを呼び込むと、その裏の攻撃で先頭の大嶺翔選手が安打で出塁。サヨナラ勝ちへの機運が高まる。その後、四球などで1死満塁とし打席に立った3番・角中選手がサヨナラ勝ちを決めるセンターへの犠飛。逆転勝ちで千葉ロッテが、価値ある1勝を挙げた。

試合後にキャプテンの鈴木選手は「最後まで諦めずに全員で戦っていきましょう」とファンに呼びかけた。その言葉通り、諦めずに勝利を積み重ねていけば7ゲーム差の逆転は十分可能なはずだ。チーム一丸となって最後まで諦めずに戦い抜いた千葉ロッテ。優勝争いの行方は最後までもつれるかもしれないと思わせる一戦であった。