【MLB】大谷選手、練習試合で3回6失点も「前進」開幕に向けて自信「例年通りいける」

2018-03-10 13:08 「Full-Count」盆子原浩二
3回6失点を記録したエンゼルス・大谷翔平選手

3回6失点を記録したエンゼルス・大谷翔平選手

制球を乱し「いいボールと悪いボールがはっきりしていた」

エンゼルスの大谷翔平選手は9日(日本時間10日)、メキシカンリーグのティファナと行われた練習試合に先発。3回を投げて1被弾を含む被安打6、6奪三振、与四死球3、6失点だった。試合後に記者会見に臨んだ右腕は「いいボールと悪いボールがはっきりしていたのが一番大きいんじゃないかと思う」と話したが、打たれた中でも着実に収穫を得ているようだった。

初回は簡単に2死を奪ったが、3番・マーティン選手に右翼へ先制ソロを浴びた。2回には1死からの2連打などで2失点、3回には先頭から2四死球で走者を背負い、2死を奪うも2連打で3点を失った。3回を投げて64球で降板。フォークを叩きつけたり、ボールが抜ける場面も見られた。

これが実戦3試合目の登板。ボールやマウンドの違いへの適応が課題となっているが、「最初よりはボールに対してもフィットしてきている部分はあると思うので、やっぱり前進はしています」と手応えあり。同時に「試合レベルで投げた時の引っかかり具合だったり、抜け具合だったり。いいボールが増えているのは確かですけど(良し悪しが)ハッキリしているのも1つ」と話し、「ある程度よく投げるためにも、やっぱり数をこなさないといけないかなと思います」と、日々の積み重ねであることを強調した。

練習試合ながら、この日も多くの米メディアが集結。開幕までの仕上げる自信を聞かれると「順序よくきていると思いますし、やってきている段階としては悪くないと思っているので、例年通りいけるんじゃないかと思います」と力を込めた。