「讃えよ大地」。千葉ロッテは絶好調・鈴木大地の活躍で、交流戦初の連勝へ

2019-06-19 09:35 「パ・リーグ インサイト」編集部

《THE FEATURE PLAYER》M岩下 勝利ならずも…6回1失点の力投で先発ローテに名乗り

 6月19日18時より、マツダスタジアムで広島対千葉ロッテの「日本生命セ・パ交流戦」第2回戦が行われる。昨日の試合では千葉ロッテが延長戦を制し、カード初戦に初勝利した。初の勝ち越しが懸かる一戦の見どころを紹介していく。

【今季対戦成績】
広島→0勝1敗 千葉ロッテ→1勝0敗

【広島】大瀬良大地投手 12試合6勝3敗 89回 83奪三振、防御率2.02
【千葉ロッテ】岩下大輝投手 10試合2勝1敗 55.1回 46奪三振、防御率2.93

 千葉ロッテの先発は、岩下大輝投手だ。前回登板の12日の横浜DeNA戦では、6回3失点とQSを達成したが、失点の内容が押し出しに加えて2本塁打と、決していい内容とは言えないだろう。ここまで防御率2.93と数字を残しているだけに、勝ち星も積み重ねていきたいところだ。

 千葉ロッテ打線の注目は鈴木大地選手だ。前日の試合では、2番・レフトで出場し、打っては6打数4安打1打点、守備ではあわやホームランの大飛球を捕球するなど、攻守で大活躍を見せた。打率も.304まで伸ばし、好調を保っている。勝利を呼び込むプレーはこの試合でも飛び出すのだろうか。

文・小川和弥