カード勝ち越しを狙うオリックスはK-鈴木がリベンジ登板。VS巨人の見どころ

2019-06-20 09:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

バファローズ・ K-鈴木 プロ初勝利の三振全て見せます

 6月20日18時から、東京ドームで巨人対オリックスの「日本生命セ・パ交流戦」第3回戦が行われる。1勝1敗のタイである両軍は、どちらがカード勝ち越しを決めるか。見どころを紹介しよう。

【今季対戦成績】
巨人→1勝1敗 オリックス→1勝1敗

【巨人】桜井俊貴投手 14試合3勝1敗 26回 19奪三振、防御率3.81
【オリックス】K-鈴木投手 7試合1勝3敗 39.1回 34奪三振、防御率2.97

 オリックスの先発はK-鈴木投手。5月26日から、3回あった登板機会で先発としての役割を果たせず、6月9日の前回登板では4回3失点の内容で、翌日に出場選手登録を抹消された。再昇格となるこの試合では、結果を残し、先発ローテに残りたい。

 オリックス打線では大城滉二選手に注目。19日の試合では3安打1打点1盗塁と大車輪の活躍を見せ、3試合連続安打を記録した。この試合でもチームを勝利に導く活躍を期待せずにはいられない。

文・鈴木海斗