【ファーム】則本昂大が復帰登板で3回1失点。岩見雅紀に2ランも逆転負け

2019-06-20 17:09 「パ・リーグ インサイト」編集部

イーグルス・則本 実戦復帰登板で3球三振を奪う!! 2019/6/20 E-G(ファーム)

 6月20日、楽天生命パーク宮城にて行われた楽天対巨人のイースタン・リーグ公式戦、第10回戦は、4対7で楽天が敗れた。復帰登板となった先発・則本昂大投手は一軍復帰を待ち望むファンの前で3回を投げ2安打1失点という投球を披露した。

 楽天は足を使った攻撃で巨人の先発・畠世周投手から先取点を奪う。1回裏、1番・山崎剛選手が死球で出塁すると、今季リーグトップの20個目となる盗塁を決める。その後1死2,3塁とすると、4番・卓丸選手のレフトへの犠牲フライで山崎選手が生還。楽天が1点を先制した。

 楽天の先発は右肘手術からの復帰登板となる則本昂大投手。1回を3者凡退に抑える立ち上がりを見せたが、2回表、巨人の4番・和田恋選手にライトへの同点ソロを浴びてしまう。しかしその後は無失点投球で、最終的には3回を36球、2安打4奪三振1失点という結果。一軍復帰に向けて、まず一歩を踏み出した。

 同点で迎えた4回裏、無死から卓丸選手がライト前へのヒットで出塁すると、続く5番・岩見雅紀選手が畠投手の球を捉え、右中間への第4号2ラン。2点の勝ち越しに成功するが、直後の5回表、4回から登板している釜田佳直投手がつかまり2失点、試合は再び振り出しに戻った。

 しかし楽天はすぐさま反撃に出る。4対4となった5回裏、初回に自慢の足を見せた山崎選手が四球で出塁、21個目の盗塁を決める。1死3塁としたところで、3番・村林一輝選手のゴロの間に1点を挙げ、勝ち越しに成功する。

 素早く勝ち越した楽天だったが、7回表、釜田投手が2死から巨人の3番・立岡宗一郎選手に二塁打を浴びると、和田選手、石川慎吾選手に連続タイムリーを浴び逆転を許してしまう。さらに8回表、4番手の今野龍太投手が石川選手に2打席連続のタイムリーを許し2失点。7対4で巨人のリードは3点に広がった。

 リードされた楽天打線は8回、9回と得点できず、そのまま試合は終了。楽天対巨人のイースタン・リーグ公式戦、第10回戦は終盤に逆転を許した楽天が4対7で敗北した。岩見雅紀選手に2ランが飛び出すなど勝ち越しながら、投手陣がすぐに失点と流れを作りきれず、逆転を許す苦しい内容となった。

  123456789 計
巨 010020220 7
楽 100210000 4

巨 畠世周-○吉川光夫-堀岡隼人-S池田駿
楽 則本昂大-●釜田佳直-渡邊佑樹-今野龍太-寺岡寛治

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/