故障者続出の捕手陣でアピール。福岡ソフトバンク・谷川原選手が強肩を披露

2018-03-11 14:06 「パ・リーグ インサイト」編集部

3月11日、北九州市民球場で行われている福岡ソフトバンクと千葉ロッテのオープン戦。先発マスクを被った福岡ソフトバンク・谷川原捕手が強肩を披露した。

4回表の千葉ロッテの攻撃、先頭の荻野貴選手が右前打で出塁すると、すかさず初球から盗塁を試みる。しかし、谷川原選手が見事な送球で刺し、ピンチの芽を摘み取った。

高谷選手をはじめとする離脱者が続く福岡ソフトバンクの捕手陣。その中で、3年目の若武者が必死のアピールを続けている。