パ・リーグの強肩捕手は誰か!? 二塁送球最速タイムトップ5

2019-06-24 11:00 キビタキビオ

しのぎを削る二塁盗塁を巡る争い

 二塁盗塁は、シングルヒットや四死球などによる一塁への出塁を二塁打に昇華させる。アウトカウントを犠牲にすることなくチャンスを拡大できる貴重な戦術だ。

 ただし、失敗すれば、出塁そのものがふいになるリスクもある。二塁打と未出塁では大違い。その成否が試合の戦局を大きく揺るがすことさえある。ゆえに、走る側も防ぐ側も必死にしのぎを削っている。

 その中でも注目されるのが、捕手が投球を捕球してから二塁ベースに入った野手に到達するまでに要する「二塁送球」のタイムだ。昨秋の日本シリーズでは、広島カープの田中広輔選手らが積極的に二盗をしかけたのに対し、福岡ソフトバンクホークスの主戦捕手・甲斐拓也選手が矢のような二塁送球でことごとく阻止。シリーズの流れを大きく呼び込んだことが評価され、最優秀選手(MVP)を受賞した。

 このときの鬼気迫る二塁送球が、「甲斐キャノン」という異名で話題になったことは記憶に新しい。そんな魅力あふれる捕手の二塁送球はどの程度のタイムなのか。今年のパ・リーグにおける開幕から5月末までの計測で、上位5位に入ったものを紹介していこう。

無駄のない動きで好送球の若月健矢選手(オリックス)

 まず、5位に入ったのは、オリックスの正捕手として定着しつつあるプロ6年目の若月健矢選手が記録した1秒89の二塁送球だ。山岡泰輔投手の投球を捕球するとともに体を回し、飛び跳ねるようにモーションを起こすと、そのときにはもう腕を振ってボールをリリースしている。そのくらい流れるような素早い動作である。

 しかも、送球は二塁ベースのやや上あたりへ。一塁走者の金子侑司選手(埼玉西武)がスライディングしてくる足の行く手をドンピシャでふさぐピンポイント送球で、見事アウトにした。おそらく、本人にとっても満足できる送球だったと思われる。

 ここで、捕手の二塁送球におけるタイムの一般論を述べておこう。1990年代頃から現在に至るまで、プロの目安としては、「2秒を切ること」といわれてきた。

 この目安は、「俊足の一塁走者がスタートしてから二塁ベースに到達するまでに、ベストに近いスタートがきれた場合は3秒50前後」といわれているのがベースになっている。それに対して、投手のクイックモーションが1秒30、捕手の二塁送球が2秒ジャストであれば、二塁送球を捕球した野手がタッチする時間の0秒10~20程度を加えても3秒40~50となり、走者と勝負できるという算段だ。

 つまり、投手と捕手が完璧な仕事をすれば、計算上、二塁盗塁はほとんどすべて刺せるというわけだが……。敵もさる者。一塁走者は投手のモーションを巧みに盗んでフライイング気味にスタートすることで、3秒50をさらに縮めようと試みる。その技術もわずかながら年々レベルが上がっているため、昨今では完璧なスタートを切られた場合、捕手が1秒90台を普通に出さないと刺すのが難しくなってきているのが現状だ。

 その意味において、若月選手の1秒89は、一塁走者が俊足の選手でいいスタートを切った場合でも、投手がしっかりクイックモーションをしてくれていれば、100パーセント近く刺せる好送球だったといえるだろう。
 
 刺された走者が、2016年パ・リーグ盗塁王だった金子選手であったことからも、それが証明されたスローイングだった。

本家・甲斐拓也選手(福岡ソフトバンク)が好条件で完璧な阻止

 続いて4位は、「甲斐キャノン」の御本家である甲斐拓也選手の1秒85だ。さすがに本家は今年もいいタイムを出してくる。

 このタイムのときは、甲斐選手にとっては比較的投げやすい条件だったと思われる。マウンドの武田翔太のクイックも素早かったうえに、打席は左打者の秋山翔吾選手(埼玉西武)で、投球は外角に大きく外れたストレートだった。これなら見通しも良く、空間的に何も気することなく送球動作をすることができる。

 そのせいか、投げたコースも絶妙だった。二塁ベースの中心からわずかに一塁側に寄った直上50センチあたりのところだろうか。ショートの今宮健太選手は捕球した勢いを生かしてそのままグラブを落としただけ。そこに一塁走者・金子侑司選手(埼玉西武)のスライディングした際の足がきて、行く手をふさいだ格好だ。

 好条件もあってほぼ完璧な盗塁阻止。それにしても、刺されたのがまたもや金子選手とは。捕手が甲斐選手では、さすがに相手が悪かったか。

再び甲斐選手。低めの変化球を拾い上げて踏ん張りながら刺す

 そして、3位はまたもや甲斐選手である。タイムは1秒82とさらに縮めてきた。

 実をいうと、今度は4位のときよりも条件は良くなかった。まず、投球が低めの変化球だったこと。わずかな違いではあるが、ストレートよりも球速が遅いため、これだけでも若干タイムをロスする。さらに、地面スレスレの高さの球を投手方向にステップしながら拾い上げるように捕球したことで、勢い余ってバランスを崩してもおかしくない状況だった。

 ところが、甲斐選手はそこを踏みとどまって、ごく普通に近い形で強いスローイングにつなげている。このあたりは単に肩が強いだけではない。強靭な下半身によるリカバリー能力によっても、甲斐選手の送球の正確性が支えられていることがうかがえるシーンだった。

 送球自体も4位のときとほぼ同じく、二塁ベースやや一塁側ヒザ元あたりのこれ以上ないところへ。今宮が捕球したグラブを真下に落としたところに一塁走者・西浦颯大選手(オリックス)がスライディングした足が丁度きたころまで、デジャヴのように再現されていた。