オリックスが10回だけで7安打9得点。今季初の同一カード3連勝と「日曜日勝利」

2019-06-23 17:22 「パ・リーグ インサイト」編集部
10回表に先制打を放った大城滉二選手

10回表に先制打を放った大城滉二選手

 6月23日、マツダスタジアムで行われた広島とオリックスの「日本生命セ・パ交流戦」第3回戦は、9対3でオリックスが勝利。今季初の同一カード3連勝と「日曜日勝利」を飾った。

 試合は昨日に続く投手戦となった。オリックスの先発・田嶋大樹投手はスライダーを駆使し、初回から3者連続三振。3回まで3者凡退に抑えると、4回裏には走者を出すも三塁を踏ませず。その後2イニングも3人で終わらせ、広島打線を完璧に封じ込める。
 
 一方のオリックス打線は、広島の先発・ジョンソン投手から何度も得点機を作るが、これを生かすことができない。特に3回表には、四死球や福田周平選手の安打で2死満塁とするも、無得点に抑えられてしまう。

 田嶋投手は6回2安打7奪三振、無失点の快投で降板。白星ならずも「今日は序盤から自分らしいピッチングができたと思います。前回、前々回登板と、ランナーを残してマウンドを降りてしまっていたので、今日はしっかりと投げ切って、リリーフ陣につなぐことができて良かったです」と前向きにコメントした。

 7回からは、エップラー投手、近藤大亮投手、ディクソン投手が無失点でつなぎ、両軍無得点のまま、試合は延長戦に突入する。

 オリックス打線はここまで、広島投手陣の前に打線が沈黙する歯がゆい展開であったが、10回表に突如猛攻を開始した。広島の4番手・菊池保則投手から先頭の西野真弘選手が二塁打を放ち、福田周平選手の四球と盗塁で2死2,3塁とすると、ここで打席に入った大城滉二選手が先制の適時二塁打。

 さらに小田裕也選手、中川圭太選手、安達了一選手が連続適時打を放つと、その後も2四球で満塁と好機は続き、後藤駿太選手と福田選手も連続適時打。何と、この回一挙9得点を挙げ、ここにきて完全に試合の流れをつかんだ。

 大量リードを得た最終回は3点を失うが、最後は比嘉幹貴投手が締めて9対3で試合終了。勝利したオリックスは、打線が9回まで計7安打を放つもつながらず、好投した投手陣へ援護点を届けられなかった。しかし、延長戦に入ってから打線に火が付き、今季初の同一カード3連勝を飾った。

文・今泉友香