楽天は2試合連続完封負け。プロ初先発の菅原秀は5回途中2失点

2019-06-25 20:38 「パ・リーグ インサイト」編集部

【4回表】プロ初先発のイーグルス・菅原 空振り三振を奪い3者凡退に抑える!! 2019/6/25 E-C

 6月25日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と広島の「日本生命セ・パ交流戦」3回戦の再振替試合は、0対2で楽天が敗れ、2試合連続の完封負けを喫した。

 楽天はプロ初先発の菅原秀投手を送り込んだが、初回から広島の菊池涼介選手に5号先制ホームランを浴びてしまう。その後は何とか粘って追加点を阻止するものの、打線が広島の先発・九里亜蓮投手の前にチャンスすら作れず。

 5回表、菅原投手は安打と自身のエラーでピンチを招いたところで降板。森原康平投手が後を受けたが、ゴロの間に1点を追加された。楽天は7回まで1安打に抑え込まれ、2点ビハインドのまま、苦しい展開が続く。

 2点を追う最終回は、先頭の辰己涼介選手がヒットを放ったものの、続く茂木栄五郎選手が併殺に倒れ、最後のチャンスが潰えた。結局3安打に抑え込まれ、0対2で九里投手に完封負け。楽天の交流戦は悔しい形で幕を閉じた。
 
 菅原投手のプロ初先発は、4.0回5安打2失点という結果。リリーフの森原投手、青山浩二投手、ブセニッツ投手は無失点でつないだが、打線に元気がなかった。