北海道日本ハム藤岡、昨季に続くトレードで巨人へ「力になれずに申し訳ない気持ち」

2019-06-26 14:23 「Full-Count」編集部
北海道日本ハムから巨人に移籍する藤岡貴裕※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)

北海道日本ハムから巨人に移籍する藤岡貴裕※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)

昨季途中に岡大海とのトレードで千葉ロッテから北海道日本ハムへ

 北海道日本ハムと巨人は26日、鍵谷陽平投手、藤岡貴裕投手と吉川光夫投手、宇佐見真吾捕手の2対2の交換トレードが成立したと発表した。

 藤岡は2011年のドラフト1位で東洋大から千葉ロッテに入団。ルーキーイヤーは21試合に先発して6勝7敗をマークしたが、2年目以降は先発、中継ぎ双方で登板した。昨季途中には、岡大海外野手との交換トレードで北海道日本ハムへ加入した。今季はここまで2試合に登板し、0勝0敗0セーブ0ホールド。通算では164試合に投げ、21勝32敗0セーブ16ホールド。

 藤岡はこの日、球団を通じて「短い間でしたが昨年、千葉ロッテマリーンズからトレードで加入し、温かく迎え入れてくださったことに感謝しています。ファイターズの力になれず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。これからはジャイアンツの一員になりますが、この経験を生かして新天地ではチームの力になれるように頑張っていきます」とコメントした。

(Full-Count編集部)