【ファーム】千葉ロッテが連敗を3で止める。ルーキーの山口航輝が決勝打

2019-06-28 16:50 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ガッツポーズ‼ マリーンズ・角中の同点タイムリーヒット‼ 2019/6/28 M-DB(ファーム)

 6月28日、ロッテ浦和球場で行われたイースタン・リーグ公式戦、千葉ロッテ対横浜DeNAの12回戦は、千葉ロッテが4対3で逆転勝利し、連敗を3で止めた。

 千葉ロッテ先発・小島和哉投手は初回からピンチを招く。横浜DeNAの1番・関根大気選手に二塁打を打たれると、味方の失策と四球で無死満塁に。迎えた4番・細川成也選手を併殺に打ち取る間に三走がホームイン。先制を許したものの、何とか最少失点で切り抜けた。

 その裏、千葉ロッテは相手先発・濵口遥大投手から2番・加藤翔平選手の二塁打などで2死3塁とし、4番・安田尚憲選手がレフト前適時打。すぐさま1対1の同点に追い付く。

 小島投手は2回以降も走者を出すが、要所を締める粘りの投球を展開。ところが、5回表、先頭の飛雄馬選手に勝ち越しの本塁打を浴びてしまう。その後、細川選手の二塁打など2死2塁になったところで、千葉ロッテは2番手・レイビン投手に交代。しかし内野守備が乱れ、横浜DeNAに3点目を奪われた。

 リードを許した千葉ロッテだが、その直後に再び打線がつながる。5回裏、先頭の加藤選手と平沢大河選手の連打と、5番・角中勝也選手の2点適時打で一気に同点。なおも2死2塁で7番・山口航輝選手が適時打。二走の角中選手が快走を見せ、勝ち越しのホームを踏んだ。千葉ロッテはこの回から登板の横浜DeNAの4番手・京山将弥投手を攻め、4対3と逆転に成功した。

 6回から継投策に入った千葉ロッテ。8回表に登板した6番手・南昌輝投手は、2奪三振含む3者凡退の好リリーフ。そして9回表、大谷智久投手が2死から四球で走者を出すも、最後はセカンドを守る松田進選手が一二塁間への当たりに飛びつく好守を披露し、千葉ロッテが4対3で逃げ切った。

  123456789 計
デ 100020000 3
ロ 10003000X 4

ロ 小島和哉-○レイビン-高野圭佑-山本大貴-東妻勇輔-南昌輝-S大谷智久
デ 濵口遥大-笠井崇正-ソリス-●京山将弥 

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/