【試合戦評】大谷選手の値千金弾で、首位とのゲームは0.5に肉薄

2016-08-17 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

首位・福岡ソフトバンクとのゲーム差を「1」とし、いよいよ首位奪取が現実味を帯びてきた北海道日本ハム。終わってみれば要所での勝負強さと采配が光った試合内容であった。

2回に5番・田中賢選手と6番・陽選手の連打などで好機を生み、相手の野選で先制に成功した北海道日本ハム。今季のオリックス戦で4勝無敗と好相性の先発・吉川投手は140キロ台後半の力ある直球を武器に、相手打線を料理。4回まで安打を許さない投球で相手に反撃の機会を与えず。

しかし、ここまで抑え込まれていたオリックスが中盤にようやく反撃。5回、先頭の5番・モレル選手がチーム初安打を放ち、一軍復帰後に好調な打撃を見せている6番・中島選手が左中間への適時二塁打を放ち同点に追い付く。6回には先頭の安達選手が三塁打で出塁後、2番・川端選手の「中途半端なバッティングだけはしないことを心掛けました」という適時打でオリックスがリードを奪い返す。

しかし、一時は絶望的とも言えるゲーム差を「1」に縮めた北海道日本ハムは、この劣勢を終盤の7回に跳ね返す。9番・中島卓選手の四球、1番・西川選手の二塁打で2,3塁とし、栗山監督は2番・杉谷選手での打席でスクイズを選択。これを杉谷選手がきっちり決めて同点に追い付き、なおも続く好機で打席に立った3番・大谷選手が、カーブに若干タイミングを外されながらも踏ん張って打球をはじき返す。打った瞬間に右手を高々と突き上げる手応え十分の18号2ランで4対2とし、北海道日本ハムが一気に試合をひっくり返す。

8回は宮西投手が3人できっちり抑え、9回のマウンドには守護神・マーティン投手。2安打と四球で2死満塁と、長打が出れば逆転という大ピンチを迎えるが、ここで打席に迎えた安達選手を中飛に打ち取り、逃げ切り勝ち。連夜の逆転勝利で4連勝を飾った。

福岡ソフトバンクは試合がなかったため、これでゲーム差はついに「0.5」となった。明後日19日からは札幌ドームに福岡ソフトバンクを迎えての直接対決となる。大谷選手は「明日も勝って、(直接対決で)逆転できるように頑張ります」と意気込んだ。北海道日本ハムが一気に抜き去って優勝へ突き進むか、王者・福岡ソフトバンクが意地を見せるか。パ・リーグの優勝争いから目が離せない。