【ファーム】楽天・熊原健人が6回1失点で4勝目。田中和基は3打数1安打

2019-07-03 16:50 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】イーグルス・山崎 走者一掃の先制タイムリーヒット‼ 2019/7/3 E-S(ファーム)

 7月3日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天対東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦、第12回戦は、楽天が3対1で勝利。東京ヤクルトとの対戦成績を、驚異の11勝1敗とした。

 楽天の先発・熊原健人投手は、初回に連打を浴びるが、その後を3者連続三振で抑え、無失点で切り抜けた。すると2回裏、楽天は東京ヤクルト先発・清水昇投手に対し、6番・ヒメネス選手、9番・石原彪選手のヒットや四球などで2死満塁とすると、2番・山崎剛選手が打ち上げた打球をレフトが落球。この間にランナーが一気に生還し、3点を奪う。

 熊原投手は、6回表に四球で出したランナーを返されるが、要所を締める投球で東京ヤクルト打線を6回1失点に抑え込み、マウンドを降りた。

 2点リードの8回表、宋家豪投手が2つの四球を与えて無死1,2塁とし、降板するも、その後は寺岡寛治投手、西宮悠介投手が圧巻のピッチングを見せ、無失点に。最終9回表は、近藤弘樹投手が3者凡退に締めて試合終了。

 3対1で勝利した楽天は、先発の熊原投手は6回1失点の好投で4勝目。しかし打線は、敵失間に得た3点のみとなり、得点圏にランナーを置いた場面での勝負弱さが目立った。

  123456789 計
ヤ 000001000 1
楽 03000000  3

ヤ ●清水昇-大下佑馬-中澤雅人
楽 ○熊原健人-森雄大-宋家豪-寺岡寛治-西宮悠介-S近藤弘樹

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

文・後藤万結子