北海道日本ハム選手がプロデュース「プレーヤーズスペシャル2018」4月から毎月開催

2018-03-13 15:38 「Full-Count」編集部
北海道日本ハムが「プレーヤーズスペシャル2018」第1回の内容を発表【写真提供:北海道日本ハムファイターズ】

北海道日本ハムが「プレーヤーズスペシャル2018」第1回の内容を発表【写真提供:北海道日本ハムファイターズ】

第1回は4月22日、中島卓選手&鍵谷投手の名刺セットを来場者2万名にプレゼント

北海道日本ハムは13日、4月から9月まで毎月1試合を「プレーヤーズスペシャル2018」と題して、選手がプロデュースするスペシャルイベントを開催すると発表した。

ファンにもっと選手を知ってもらいたい、という想いを込めて、ファイターズ選手会が中心となって持ち寄ったアイディアを、何度も議論を重ねて準備したという。その結果、今年のコンセプトは「チームワーク、チーム全員で戦う、新しいチーム、どの選手も主役になれる!」に決定。さらに、今年の注目ポイントに「選手が選手を指名!」「選手がグッズをプロデュース!」を掲げ、全6回のイベントを行う。

第1回から第5回は、毎回「選手セレクトテーマ」を決め、選手同士が参加選手を選出。選出された選手の名前や背番号などをデザインした来場者プレゼントも用意される。また、最終回となる第6回は、昨年好評だったファン投票が予定されているという。

今年の記念すべき第1回の選手セレクトテーマは「2018年選手会会長・副会長」に決定。選手会長の中島卓也選手と副会長の鍵谷陽平投手が担当する。今回のイベントを企画する段階でも、活発な意見交換でリーダーシップを発揮したという2人。中島卓選手は「今年のプレーヤーズスペシャルは、僕たち選手会が中心となって、ファンの皆様に新生ファイターズの魅力を知ってもらうために『ベテラン、中堅、若手、その世代も主役になれる!』そんなテーマを考えて、選手を選出していきたいと思います。毎試合楽しい企画をたくさん用意しているので、ぜひ楽しみにしていてください。札幌ドームで待ってます!」とファンに呼び掛けた。

鍵谷投手も「プレーヤーズスペシャルで毎試合実施する来場者プレゼントも、僕たち自身が『こんなグッズがほしい! もらったらうれしい!」というアイテムを考えています。9月にはファンの皆様に投票いただく『ファイターズ オールスター』も予定しています。どんなプレゼントになるのか、どの選手が選ばれるか、ぜひ皆さんで予想してみてください!」とメッセージを寄せた。

第1回は4月22日福岡ソフトバンク戦で開催。来場者2万名に、中島卓也選手会会長、鍵谷陽平選手会副会長の名刺セットがプレゼントされる。名刺のQRコードを読み取ると、両選手のオリジナル動画が見られるスペシャル名刺だ。

第2回は5月20日楽天戦、第3回は6月17日東京ヤクルト戦、第4回は7月22日福岡ソフトバンク戦、第5回は8月25日楽天戦、第6回は9月16日オリックス戦が予定されている。