本田圭佑が8回途中無失点の好投。投打の噛み合った埼玉西武が完封勝利

2019-07-06 17:04 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/6 マリーンズ対ライオンズ ダイジェスト

 7月6日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと埼玉西武の3連戦第2戦は、5対0で埼玉西武が完勝。先発の本田圭佑投手は惜しくも初完封を逃したが、投打を噛み合わせて今カードの対戦成績を1勝1敗の五分とした。

 試合は終始埼玉西武のペースだった。まずは1回表、千葉ロッテの先発・涌井秀章投手に対して、1番・秋山翔吾選手が放った飛球は、風に乗って右翼席へ。「ホームランになった要因はよくわかりませんが、風と球場に助けられましたね」と打った本人も驚く一打が先制の先頭打者弾となり、埼玉西武が1対0とリードを奪った。

 続く2回表には、2死3塁から敵失で1点を追加した埼玉西武。さらに4回表には、先頭の6番・中村剛也選手が敵失で出塁すると、7番・栗山巧選手が二塁打で続いて迎えた無死2,3塁の好機に、8番・金子侑司選手が適時打を放つ。

「中村さんが塁に出て、栗山さんがチャンスを広げてくれた中で打つことができてよかったです」という金子侑選手の一打でリードを広げると、さらに秋山選手の適時打などで2点を加え、スコアを5対0とした。

 援護をもらった埼玉西武先発・本田圭佑投手は、先頭打者の出塁こそ許すものの、2つの併殺打などで後続をしっかりと抑えて、得点を許さず。千葉ロッテ打線を手玉に取る投球を披露し、7回まで無四球、無失点と好投する。

 反撃したい千葉ロッテは8回裏、1死から9番・藤岡裕大選手、1番・荻野貴司選手の連打で1死1,2塁とし、攻めあぐねていた埼玉西武・本田投手から好機を得る。しかし、代わった2番手・平井克典投手の前に、2番・鈴木大地選手、3番・中村奨吾選手が打ち取られた。5対0と埼玉西武がリードしたまま、試合は最終回へと進む。

 逃げ切りを図る埼玉西武は9回裏、3番手・増田達至投手がマウンドに上がる。先頭の4番・レアード選手を見逃し三振に仕留めると、最後は角中勝也選手を三飛に打ち取って試合終了。試合は埼玉西武が5対0で勝利した。

 埼玉西武・本田投手は8回途中無失点の好投で、4勝目を挙げた。打線では1番・秋山選手が先頭打者弾を含む2安打2打点で打線をけん引。9回表には高卒3年目の鈴木将平選手がうれしいプロ初安打を記録した。

 一方の千葉ロッテは、先発・涌井投手が7回5失点(自責3)と試合を作ることができず。打線も好機にあと1本が出ない攻撃が続き、埼玉西武に連勝とはならなかった。

文・成田康史