【ファーム】実戦復帰登板の岩嵜翔が1回0封。継投でつなぎ広島に勝利

2019-07-07 17:08 「パ・リーグ インサイト」編集部

頼れる右腕が戻ってきた!! H岩嵜が約10ヵ月ぶりの実戦復帰!! 2019/7/7 H-C(ファーム)

 7月7日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと広島のウエスタン・リーグ公式戦、第21回戦は4対2で福岡ソフトバンクが勝利。広島との対戦成績を11勝9敗1分とした。

 福岡ソフトバンクの先発は、実戦復帰登板となる岩嵜翔投手。1イニングを無失点に抑えて順調な回復ぶりを見せた。

 打線は初回、先頭の真砂勇介選手がヒットを放ち、さらに盗塁や犠打で1死3塁とすると3番・西田哲朗選手のタイムリーで先制に成功する。さらに2回には、7番・市川友也選手のヒットや敵失策などで1死1,3塁の好機を迎えると、真砂選手の二塁打でランナーが一気に生還。スコアを3対0とした。

 岩嵜投手の後を受け、2回からマウンドに上がった板東湧梧投手は、5回に1点を失うも、安定感のある投球で5イニングを投げきった。打線は7回裏、市川選手のヒットや四球などで満塁とすると、押し出しで1点を追加し、リードを3点に広げる。

 福岡ソフトバンクは、7回表を笠原大芽投手、8回表を田中正義投手が広島打線を無失点に抑え、最終9回表は川原弘之投手が1点を失ったがリードは守り、4対2で試合終了。

 4対2で勝利した福岡ソフトバンクは、前日とはうって変わり、投手陣が粘りのピッチングで勝利を呼び込んだ。また、打線もつながりを見せた。

  123456789 計
広 000010001 2
ソ 12000010Ⅹ 4

広 ●モンティージャ-岡田明丈-中崎翔太
ソ 岩嵜翔-○板東湧梧-笠原大芽-田中正義-S川原弘之

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

文・後藤万結子