先発全員安打で北海道日本ハムが3連勝! 楽天は泥沼を抜け出せず9連敗……

2019-07-07 16:33 「パ・リーグ インサイト」編集部

【6回表】ファイターズ・渡邉 相手を突き放す一発を放つ!! 2019/7/7 E-F

 7月7日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天対北海道日本ハムの第15回戦は、投打がかみ合った北海道日本ハムが6対3で勝利した。敗れた楽天は今日も連敗のトンネルを抜け出すことはできず、4位に転落した。

 北海道日本ハムは楽天の先発・菅原秀投手の立ち上がりを攻めた。初回、西川遥輝選手、杉谷拳士選手、近藤健介選手の連打で先制点に成功。さらに、5番・王柏融選手もタイムリーを放ち、この回2点を奪う。
 
 すると楽天は2回裏、5番・下水流昂選手が北海道日本ハムの先発・加藤貴之投手から移籍後初ヒットを放ち、敵失などで1死2塁とすると、6番・島内宏明選手のタイムリーで1点を返す。

 さらに3回裏、この回から登板した北海道日本ハム2番手のロドリゲス投手から、先頭の渡邊佳明選手、続く1番・茂木栄五郎選手の連打などで1死1,3塁とし、3番・ブラッシュ選手と下水流選手のタイムリーで一気に逆転に成功する。

 援護を受けた菅原投手だったが、4回表には横尾俊建選手に同点タイムリーを浴び、5回表には死球で出したランナーが中田翔選手の犠飛で生還し、勝ち越しを許してしまう。

 北海道日本ハム打線の勢いは止まらず、6回表に6番・渡邉諒選手の7号ソロ、8回表には9番・清水優心選手のタイムリーで2点を追加。3点リードの9回裏は、秋吉亮投手が2死から代打・田中和基選手に安打を浴びたが、得点は許さず6対3で試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、先発全員安打でコンスタントに得点を重ね、見事3連勝を飾った。敗れた楽天は今日も打線のつながりを欠き、投手陣も粘りきることができず、9連敗を喫した。先発した菅原投手は降板後「調子は悪くなかったです。前回登板の反省を生かした投球は出来ていたと思います。野手の皆さんに援護をしていただいたのに、粘ることができず、申し訳ないです」と悔しそうに語った。

文・後藤万結子