【試合戦評】首位攻防戦にふさわしい投手戦。まずは福岡ソフトバンクが首位の座を死守

2016-08-19 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

札幌で幕を開ける、真夏の首位攻防天王山。「マイナス0.5ゲーム差」という奇妙な状況の中、首位の座を福岡ソフトバンクは「死守」、北海道日本ハムは「奪取」すべく、その第1ラウンドに臨んだ。

試合は1回表から早速動く。北海道日本ハム先発・有原投手に対し、福岡ソフトバンクは2番・今宮選手が、レフトスタンド中段へ運ぶ豪快な一振り。自身初の2ケタ本塁打に王手とする9号アーチでいきなり1点を先制すると、2回にはランナーを1人置いて7番・吉村選手が左中間へ運ぶ5号2ラン。2回までに3点の援護を先発の和田投手にプレゼントする。

和田投手は初回の先頭から2者連続三振を奪うなど順調な滑り出しを見せ、その後も丁寧な投球で北海道日本ハム打線に的を絞らせず、スコアボードに0を並べ続けていく。

一方の有原投手も、3回以降は毎回のように走者を出しながらも要所で踏ん張り、追加点を許さない。互いにチームの勝ち頭として負けられないという意地がぶつかる、首位攻防戦にふさわしい投げ合いが展開される。

試合終盤に入っても両投手が踏ん張りを続け、試合は3点差のまま動かず。9回表には福岡ソフトバンクが2番手・井口投手から得点機を生み出すも、上位打線が倒れて追加点はならず。

9回裏、ホームの大歓声に後押しされた北海道日本ハムは先頭の西川選手が四球を選んで出塁するも、後続が倒れ試合終了。僅差のまま両先発ともに8回まで投げるという投手戦となった首位攻防第1ラウンドは、福岡ソフトバンクが首位の座を死守する形となった。

8回無失点の和田投手は、両リーグ単独トップとなる13勝目。「絶対勝てると信じてマウンドに上がった」と試合後に語った通り、勝負所で踏ん張ったベテラン左腕が勝利を見事に引き寄せた。

なおこの試合、北海道日本ハム・大谷選手が第3打席の7回にヒットで出塁し、その後今季7個目となる盗塁を成功させた。「投手」としての復帰はまだだが、前人未到の「10勝・10本塁打・10盗塁」達成に向けても、いよいよカウントダウンが始まっている。