【ファーム】多和田真三郎が9回3失点の好投! 戸川大輔は2本の適時打の活躍

2019-07-09 16:22 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ライオンズ・戸川 2試合連続のタイムリー2ベースヒットで先制点!! 2019/7/9 L-DB(ファーム)

 7月9日、西武第二球場で行われたイースタン・リーグ公式戦、埼玉西武対横浜DeNAの14回戦は5対3で埼玉西武が勝利。投げては多和田真三郎投手が3失点完投、打っては戸川大輔選手が2本の適時打を放つ活躍を見せた。

 埼玉西武先発の多和田投手はすばらしい立ち上がり。安打の走者を背負うものの、序盤3イニングで4三振を奪う。すると、味方打線は3回裏、1死から3番・山野辺翔選手が安打と盗塁でチャンスを拡げると、続く戸川選手はライトフェンス直撃の適時二塁打。その後、相手の適時失策でも追加点を奪い、埼玉西武が2点を先行する。

 追加点が欲しい埼玉西武は5回裏、山野辺選手が再び安打と盗塁で好機を築くと、戸川選手が適時二塁打。さらに1死3塁から西川愛也選手の適時打、そして呉念庭選手の併殺崩れの間にも1点を挙げ、5対0とリードを広げた。

 5回まで無失点と好投を続けていた多和田投手。6回表に横浜DeNAの宮本秀明選手に3号ソロを被弾すると、楠本泰史選手と梶谷隆幸選手に連続長短打を許して2点を失うが、7回と8回は危なげなく3者凡退で終わらせる。そして9回表、2死から山下幸輝選手に一発を打たれてしまったものの、9回を投げぬいた多和田投手。序盤は要所で三振を奪い、試合中盤からは内野ゴロの山を築いていき、被安打8、奪三振5の3失点の好投だった。

  123456789 計
デ 000002001 3
西 00203000Ⅹ 5

西 ○多和田真三郎
デ ●濱矢廣大-笠井崇正-平田真吾-藤岡好明

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/