【ファーム】松井佑介が移籍後初アーチ。オリックスが鷹にカード勝ち越し

2019-07-10 17:05 「パ・リーグ インサイト」編集部

バファローズ・松井佑 移籍後初ホームランを放つ!! 2019/7/10 B-H(ファーム)

 7月10日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われた、オリックスと福岡ソフトバンクのウエスタン・リーグ公式戦、第18回戦は7対4でオリックスが勝利。前半戦最後の試合で白星を飾り、福岡ソフトバンクとの対戦成績を11勝5敗2分とした。

 先手を打ったのはオリックス。山足達也選手が第2号となる先頭打者本塁打を放つと、1死から太田椋選手が二塁打、続く松井佑介選手が敵失策を誘い、2死から杉本裕太郎選手が四球を選び2死満塁とする。この場面で稲富宏樹選手、比屋根彰人選手が連続で押し出し四球を選び2点を追加、宜保翔選手に2点タイムリーが生まれ、この回一挙5得点。福岡ソフトバンク先発の長谷川宙輝投手の立ち上がりを攻め立て、5対0と大きなリードを握った。

 オリックスは2回裏にも松井佑選手の移籍後初本塁打で1点を追加。大きな援護を受けた先発の東晃平投手は、毎回のように走者を背負いながらも、6.1回を6安打4奪三振1四球1失点にまとめる好投を披露。8回裏には小田裕也選手の適時三塁打で1点を追加し、7対1でオリックスリードのまま試合は最終回へ。

 一矢報いたい福岡ソフトバンクは9回表、オリックス4番手の漆原大晟投手から3四球を選び、1死満塁の好機を得ると、川瀬晃選手の内野ゴロの間と真砂勇介選手の2点タイムリーで3点を返したが、反撃はここまで。最後は三森大貴選手が左飛に倒れて7対4で試合終了。

 オリックスは序盤に打線が爆発。最終回に漆原投手が3失点を喫したものの、2番手・青山大紀投手、3番手・増井浩俊投手が無失点でつなぎ、逃げ切った。一方の福岡ソフトバンクは、先発した長谷川宙投手が3回8安打3四球6失点(自責2)と崩れ、打線も活気なくカード負け越しとなった。

  123456789 計
ソ 000000103 4
オ 51000001X 7

ソ ●長谷川宙輝-渡辺健史-岡本健-奥村政稔
オ ○東晃平-青山大紀-増井浩俊-漆原大晟 

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/