中軸が2発、下位打線が2発。埼玉西武が一発攻勢で福岡ソフトバンクに快勝

2019-07-10 21:47 「パ・リーグ インサイト」編集部

7/10 ホークス対ライオンズ ダイジェスト

 7月10日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武のカード最終戦は、4本塁打で7点を奪った埼玉西武が福岡ソフトバンクに7対4で快勝。オールスター前最後の試合を勝利で締めくくった。

 福岡ソフトバンク・和田毅投手、埼玉西武・ニール投手で幕を開けた今日の試合。両先発ともに初回から得点圏に走者を背負ったものの、後続を断って無失点の立ち上がりを見せた。

 先手を取ったのは福岡ソフトバンクだった。3回裏、先頭の牧原大成選手、続く周東佑京選手の連打で無死1,3塁とすると、続く福田秀平選手の犠飛で1点を先制。さらに2死からデスパイネ選手に適時打が生まれて1点を追加した。

 4回まで無得点に終わっていた埼玉西武だったが、中盤に入ったところで巻き返しに出た。5回表、岡田雅利選手が今季第1号となるソロを放って1点差に迫ると、2死から9番・木村文紀選手が右翼ポール際に4号ソロを打ち込んで同点に追いつく。これだけでは終わらず、1,2塁から外崎修汰選手が右翼フェンス直撃の2点適時二塁打を放って勝ち越しに成功した。
 
 福岡ソフトバンクもこのままでは終わらない。6回裏、2死から上林誠知選手が四球を選び、続く甲斐拓也選手が安打を放って1,3塁とチャンスを作る。ここで埼玉西武は2番手・武隈祥太投手をマウンドへ。しかし、福岡ソフトバンクの勢いは止まらない。代打・塚田正義選手が三遊間を破る適時打を放って1点差に迫った。

 7回表、埼玉西武が一気に突き放しにかかる。先頭の秋山翔吾選手が二塁打を放つと、源田壮亮選手の犠打で進塁する。2死3塁としたところで、4番・山川穂高選手
選手が高めの直球をジャストミート。美しい放物線を描いた打球は、左翼席中段に飛び込む29号2ランとなった。さらに、続く中村剛也選手が左翼ポール直撃の14号ソロ。2者連続弾で3点を加え、リードを4点に広げた。

 逃げ切りを狙う埼玉西武は継投策を展開。7回裏をマーティン投手、8回裏は平井克典投手がそれぞれ3者凡退で抑えると、最終回は守護神・増田達至投手が締めて試合終了。埼玉西武が7対3で福岡ソフトバンクに勝利した。

 埼玉西武は、序盤に下位打線が2発、1点差に迫られた直後に中軸で2発と理想的な形で試合を進めることができた。一方、敗れた福岡ソフトバンクは、和田投手が5回途中で緊急降板するというアクシデントがあり、あとを受けた投手陣も粘りきれなかった。ただ、終盤には2年目・田浦文丸投手がプロ初登板し、2イニングを投げて無安打無失点で抑える好投を見せた。オールスター明けの活躍に期待したいところだ。
文・吉田貴