フレッシュ球宴、広島ドラ1小園がMVP! 初回先頭打者アーチ含むマルチ安打マーク

2019-07-11 20:44 「Full-Count」編集部
広島・小園海斗※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

広島・小園海斗※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

小園は初回の第1打席で北海道日本ハム吉田輝の直球を捉え右翼席へ先頭打者弾

■ウエスタン・リーグ 5-1 イースタン・リーグ(フレッシュオールスター・11日・楽天生命パーク宮城)

 楽天生命パーク宮城で行われた「フレッシュオールスターゲーム2019」はウエスタン・リーグ選抜が5-1でイースタン・リーグ選抜を退けた。広島のドラフト1位ルーキー・小園海斗内野手がMVPに選ばれた。

 ウエスタン・リーグ選抜は初回。「1番・三塁」でスタメン出場した広島小園が北海道日本ハムドラ1吉田輝から右翼席へ先頭打者ホームランを放ち先制に成功。2回は広島林、阪神熊谷のタイムリーで2点を追加した。

 6回には2死二、三塁から中日石橋が左翼線へ2点タイムリー二塁打を放ちリードを広げた。ウエスタン選抜は中日・梅津、福岡ソフトバンク・吉住、福岡ソフトバンク・板東、オリックス・張、中日・山本、阪神・馬場、阪神・齋藤、広島・島内がイースタン選抜を1失点に抑えた。

 試合後にはMVPが発表され先頭打者ホームランを含む2安打を放った広島の小園が選出された。

(Full-Count編集部)