【MLB】大谷翔平、4打席目は四球で出塁 快足生かし今季5個目の盗塁決める

2019-07-14 12:46 「Full-Count」編集部
エンゼルス・大谷翔平※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

エンゼルス・大谷翔平※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

快音は響かず、4打席目まで安打なし

■エンゼルス – マリナーズ(日本時間14日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地でのマリナーズ戦に「3番・DH」で7試合連続でスタメン出場した。第1打席は空振り三振に倒れると、第2打席も低めのチェンジアップにバットが空を切り、2打席連続で空振り三振。第3打席は痛烈な当たりを放ったが、中飛に終わり、7回の第4打席は四球だった。

 この日のマリナーズの先発は元西武の左腕ウェイド・ルブラン投手。今季は13試合登板(6先発)で5勝2敗、防御率4.66。大谷にとってはメジャー移籍後、8打数無安打6三振と抑え込まれている“天敵”。苦手左腕の前に第1打席空振り三振、第2打席も空振り三振に倒れた。

 リードを6点に広げて迎えた4回2死満塁で迎えた第3打席は中飛に。1ボール1ストライクからの3球目、外角へのスライダーを右手一本で捉えた。打球は鋭いライナーとなったものの、中堅手の守備範囲。中飛に終わり、ルブランとは通算11打席でいまだノーヒットとなった。

 7回の第4打席は4番手の右腕マッケイと対戦。フルカウントから内角低めのボールを見切って四球を選んで9試合連続で出塁した。2死となってからシモンズの2球目でスタートを切り、今季5個目の盗塁を成功させた。

 すると、2死一、二塁となり、プホルスが今季14号、通算647本目の本塁打となる3ランを放ち、大谷は7点目のホームを踏んだ。

(Full-Count編集部)