【試合戦評】一進一退の攻防。首位の座を譲れない鷹が制し、連勝を飾る

2016-08-20 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

昨夜は福岡ソフトバンクが首位の意地を見せ、完封リレーで勝利。今日も「譲れない」福岡ソフトバンクと「負けられない」北海道日本ハムの両者による、首位攻防戦らしい白熱の試合が展開された。

初回、北海道日本ハム先発・高梨投手は簡単に2死を奪い、3番・柳田選手をフライに打ち取る。しかし、この打球が天井の切れ目から隙間へ入り、別の箇所から落下。これがグラウンドルールによって二塁打となり、その後も内野安打で走者を背負い先制のピンチを迎えるが、後続を冷静に仕留めて無失点で切り抜ける。

すると、直後の攻撃で1死3塁の好機。3番・大谷選手の内野ゴロの間に1点を先取し、今日は北海道日本ハムが初回に先制点を奪う。

2回、3回と両先発が走者を出すも無失点にしのいで迎えた、4回表。福岡ソフトバンクは先頭の5番・長谷川選手が二塁打で出塁するなど、1死3塁の場面を作る。そこで打席に立った7番・明石選手の打球が高梨投手のグラブをはじき、後方に転がる間に3塁ランナーが生還。試合を振り出しに戻す。

同点とされた北海道日本ハムは6回、2死から3番・大谷選手が打席へ。低めの変化球に対し強振することなくコンパクトに振り抜き、打球がそのままファンの待つ右中間スタンドに飛び込む19号ソロに。「うまく反応して自分の形でスイングができました」という一発で再びリード。ホームの大声援をバックに、北海道日本ハムが勝利の方程式投入で逃げ切るかと思われたが、そう簡単には終わらなかった。

8回表、ここまで42試合に登板し防御率1.05を誇る宮西投手から、福岡ソフトバンクは柳田選手、内川選手の連打で無死1,3塁の絶好機を生み出す。続く5番・長谷川選手が左中間を破る2点適時二塁打を放ち、終盤の8回に、福岡ソフトバンクがこの試合初めてのリードを奪う。

最後の2イニングスはスアレス投手、サファテ投手がきっちりと無失点で封じて逆転勝利。7回2失点の好投を見せた千賀投手が自身初の2桁勝利となる10勝目に到達し、チームは連勝で5カードぶりの勝ち越し。北海道日本ハムとのゲーム差を1.5に広げた。

「今日は今日で、明日また戦っていけるように頑張りたい」と誓った長谷川選手。首位が一気に突き放して「2.5ゲーム差」か、それとも2位が何とか食らい付いて「0.5ゲーム差」か。明日は今後の行方を左右しかねない、大事な大事な一戦となる。