【ファーム】西川愛也のプロ初アーチなどで猛攻。埼玉西武が投打で完勝

2019-07-15 17:25 「パ・リーグ インサイト」編集部
マルチ安打を放った埼玉西武の山野辺翔選手

マルチ安打を放った埼玉西武の山野辺翔選手

 7月15日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテ対埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦、3連戦の初戦は6対0で埼玉西武が完封勝利。投打噛み合った試合作りで、試合の主導権を譲らなかった。

 千葉ロッテの種市篤暉投手と相内誠投手が先発を務めた本試合。1回表2死から、種市投手が6者連続三振の順調な立ち上がりを披露すると、相内投手も毎回の勝負所を粘投でしのぎ、スコアボードにゼロを並べる静かな展開となった。

 4回表、千葉ロッテ2番手・古谷拓郎投手に、埼玉西武が打者一巡の猛攻を仕掛ける。まず山野辺翔選手が安打と盗塁で得点圏へ進むと、戸川大輔選手が適時打を放って先制。さらに愛斗選手の安打と、西川愛也選手のプロ初アーチとなる第1号2ラン、山田遥楓選手と呉念庭選手の安打という計6連打で得点を重ね、5点の大量得点を得た。

 5回表にも、千葉ロッテの3番手・森遼大朗投手から戸川選手が2打席連続タイムリー。6点差とリードを広げる。

 援護を貰った相内投手は、4回から3イニングを3者凡退に抑えてリズムを作り、7回途中無失点でマウンドを降りた。その後は継投陣が千葉ロッテ打線に得点を許さず。9回裏は國場翼投手が3者凡退に終え、6対0で試合終了。

 埼玉西武の先発・相内投手は、援護に恵まれて今季6勝目。リーグ首位の千葉ロッテを相手に、価値ある1勝を挙げた。千葉ロッテは先発の種市投手が圧巻の投球を披露し、3回まで埼玉西武打線を無安打に抑えた。しかし、一方の打線が序盤の勝負所で点を得られず、継投陣も打ち崩されて完封負けを喫した。

  123456789 計
西 000510000 6
ロ 000000000 0

西 ○相内誠-野田昇吾-小川龍也-國場翼
ロ 種市篤暉-●古谷拓郎-森遼大朗‐山本大貴‐石崎剛‐土居豪人‐レイビン 

文・今泉友香

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/