【ファーム】楽天が1点差逃げ切り! 北海道日本ハムは拙攻が響く結果……

2019-07-15 16:11 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】イーグルス・島井 フェンスに当たりながらボールをキャッチ‼ 2019/7/15 F-E(ファーム)

 7月15日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われたイースタン・リーグ公式戦12回戦は2対1で楽天が勝利した。

 両チーム無得点で迎えた3回表。楽天は北海道日本ハムの守備の乱れで、2死1,3塁の好機を得る。ここで盗塁を仕掛けた一塁走者・小郷裕哉選手は、一、二塁間で挟まれるが、この間に三塁走者・太田光選手が生還。ノーヒットで1点を先制する。

 反撃したい北海道日本ハムだったが、楽天先発・戸村健次投手を打ち崩せず、4回までのすべての攻撃が3人で終了してしまう。しかし5回裏、4番・高濱祐仁選手が出塁し、犠打で進塁する。そして7番・田宮裕涼(たみや・ゆあ)選手がライト前に適時打を放ち、同点に追い付いた。

 1対1で試合を進める両チームは、一歩も譲らないまま最終回へ。9回表、決めたのは楽天だった。先頭の西巻賢二投手が四球で出塁すると、犠打と暴投で三塁まで進塁する。ここで北海道日本ハムの三塁手・野村佑希選手が、痛恨の後逸。三塁走者が生還し、楽天が1点を勝ち越す。そのまま、試合は2対1で終了した。

 勝利した楽天は最終回まで投手陣が踏ん張り、決勝点を与えなかった。敗れた北海道日本ハムは、6回から投げた吉川光夫投手やバーベイト投手が1イニング3三振を奪うなど、投手陣が力投を見せたが、打線が振るわなかった。

  123456789 計
楽 001000001 2
日 000010000 1

楽 戸村健次-渡邊佑樹-寺岡寛治-○西宮悠介
日 吉田侑樹-吉川光夫-バーベイト-鈴木遼太郎-●田中豊樹 

文・鈴木海斗

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/