福岡ソフトバンクが首位攻防戦2連勝。明日も勝利し優勝マジック点灯へ

2016-08-20 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

苦しみながら、価値の大きい勝利を手にした。福岡ソフトバンクが20日、北海道日本ハムとの首位攻防第2戦に逆転勝利。5カード振りの勝ち越しを決め、ゲーム差を1.5に広げた。

8回、3番・柳田選手と4番・内川選手が連打で無死1,3塁。続く5番・長谷川選手が左中間に2点適時二塁打を放って逆転。クリーンアップに3連打が飛び出し、終盤に試合をひっくり返した。「首位攻防戦、1点ビハインド、得点圏でプレッシャーの掛かる場面。純粋に、宮西投手との対戦を楽しみに打席に入りました。やっぱり厄介な投手。本当に、この投手から打ちたいという気持ちで打ちました」。強い思いをバットに込め、宮西投手の変化球を打ち返した。

天王山らしい緊迫の展開。6回2死、北海道日本ハム・大谷選手の一発で札幌ドームの盛り上がりは最高潮に達した。福岡ソフトバンク先発・千賀投手の落ちるボールをすくい上げ、右中間スタンドに突き刺した。ベンチに向かって右手を突き上げながらダイヤモンドを一周。自身初の20号の大台に迫る19号ソロで勝ち越しに成功した。

今月は3連戦を迎える19日までに、5勝9敗とやや調子を落としていた福岡ソフトバンク。独走状態だった夏前までの勢いは影を潜め、今季最多の6連敗も喫した。自軍の低迷と、北海道日本ハムの快進撃でゲーム差が一気に詰まった。そこで迎えた首位攻防戦。最悪の流れの中、19日の和田投手、この日の千賀投手とローテ陣が試合を作り、打線はここぞの場面で集中力を発揮した。

千賀投手は7回2失点で10勝目。育成出身としてはパ・リーグ初の2桁勝利を達成。「粘り強く投げてくれていた。勝ちがついて良かった」と、勝利をアシストした長谷川選手も安どの表情だった。

21日の試合で勝利か引き分けで、ついに優勝へのマジックナンバーが点灯する。「今日は今日。また、明日しっかりと戦えるように」と長谷川選手。笑顔も控えめに次戦に切り替えた。