北海道日本ハム『OPENING GAMES 2018』で高木姉妹ら五輪メダリストが始球式

2018-03-15 16:06 「Full-Count」編集部
平昌五輪で日本中を沸かせる活躍をみせた高梨沙羅選手

平昌五輪で日本中を沸かせる活躍をみせた高梨沙羅選手

3月30日は高木奈那選手、4月1日は高梨沙羅選手、7日は高木美帆選手が“登板”

北海道日本ハムは14日、『OPENING GAMES 2018』と題して開催する3月30日からの埼玉西武3連戦、4月6日からの千葉ロッテ3連戦で、平昌オリンピックで活躍した北海道出身アスリートが始球式を務めると発表した。

3月30日はスピードスケートチームパシュート、マススタートの2種目を制し、夏の五輪を含め日本の女子選手で初めて1大会2つの金メダルを獲得した高木菜那選手(幕別町出身)、4月1日はノルディックスキージャンプ女子ノーマルヒル個人で銅メダルに輝いた高梨沙羅選手(上川町出身)が登場。4月7日はスピードスケート4種目に出場し、金銀銅全てのメダルを獲得した高木美帆選手(幕別町出身)がセレモニーに華を添える。

また、カーリング女子日本代表で男女を通じて初めてのメダルとなる銅メダルを獲得したLS北見の5選手が、開幕戦にビデオメッセージを寄せる予定だ。

高木奈那選手は「北海道の球場でずっと投げてみたいと思っていました! お話をいただいたときからスケート部のチームメンバーや監督と練習しています。当日は、せめて…!ホームベースまで届くよう頑張りたいと思います。ファイターズはイケメン選手が多いと聞いていますので、ぜひ札幌ドームに来ていただいて、応援してもらえるとうれしいです。スケートのことにも興味をもってもらえるともっとうれしいです」とメッセージを寄せた。

高梨沙羅選手は「北海道に球団が誕生して15年目の記念すべき開幕シリーズの始球式を務めさせていただき、北海道民として大変光栄に思います。札幌ドームでは2回目の登板になりますが、今シーズンのファイターズの日本一への祈りを込め、チームに勢いをつけられるよう一生懸命投げたいと思います。初お披露目のスカイブルーのユニホームを着るのも楽しみです。皆さん、今シーズンも一緒にファイターズを応援しましょう!!!」と呼び掛けた。

また、栗山英樹監督は「オリンピック終了後の多忙の中、これだけたくさんのメダリストの皆さんがファイターズのために駆けつけてくださることに、まずは感謝しなければなりません。オリンピックに向かう過程での頑張りも見させていただいていましたし、極限で発揮されたパフォーマンスにはアスリートの強い魂を感じました。常々感動は推進力になる、と思っています。日本中を感動させてくれた皆さんの登場をファンの人たちと一緒に楽しみにしていますし、少しでもオリンピックの雰囲気の中、どのような心持ちでプレーしたのかうかがう機会があれば幸いです。道産子アスリートの皆さんがくれた感動を推進力にし、ファイターズも前へ突き進みます」と感謝した。