長谷川勇也が今季1号決勝弾! 森唯斗も復帰で福岡ソフトバンク連敗ストップ

2019-07-21 21:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

【6回表】鷹の打撃職人復活‼ ホークス・長谷川勇 逆方向への勝ち越し2ランホームラン‼ 2019/7/21 E-H

 7月21日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と福岡ソフトバンクのカード最終戦は、4対2で福岡ソフトバンクが勝利。接戦を制し、連敗を6で止めた。

 先に試合を動かしたのは福岡ソフトバンク。2回表、楽天の先発・石橋良太投手から内川聖一選手が9号ソロホームランを放ち、先制する。「思い切って打ちにいき、久しぶりに手応えがありました。今日は何とか連敗を止めたい」という気持ちの込もった一発だった。

 福岡ソフトバンク先発・ミランダ投手は、直後の2回裏、ウィーラー選手に同点タイムリーツーベース、5回裏に茂木栄五郎選手に勝ち越しタイムリーを浴びてしまうが、ここまで不振に陥っていた打線が意地を見せた。6回表、2死から打席に立った長谷川勇也選手が値千金の1号2ランホームラン。「長打を狙って打ちにいった結果」と語った打撃職人の逆転アーチで、3対2と1点リードを握った。

 わずかなリードを守るべく、福岡ソフトバンク投手陣も奮闘する。ミランダ投手が5回途中2失点で降板した後は、松田遼馬投手、モイネロ投手、椎野新投手が無失点リレー。とりわけ椎野投手は、7回裏に1死満塁の大ピンチを迎えるが、浅村栄斗選手を併殺に打ち取って切り抜けた。

 8回裏には、森唯斗投手が約1カ月ぶりに登板し、4番からの好打順を3者凡退に抑える。そして9回表に甲斐拓也選手のタイムリーで追加点を挙げると、最終回は甲斐野央投手が締めてゲームセット。

 試合は、福岡ソフトバンクが4対2で勝利し、オールスターの前から続いていた連敗を6で止めた。敗れた楽天は、先発の石橋投手が6回106球、3失点の力投も「点を取ってもらった後に失点してしまったので、野手の皆さんに申し訳ないです」というコメント通り、痛恨の一発を浴びてしまった。