【試合戦評】電光石火の先制劇。北海道日本ハムが初回に4点を奪い千葉ロッテを下す

2016-08-23 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

日曜日の試合で勝利し、連敗を止めた両チーム。先発は千葉ロッテがスタンリッジ投手、北海道日本ハムがバース投手と、今季チームに加わった外国人右腕による対戦で試合が始まった。

初回、いきなり北海道日本ハム打線がスタンリッジ投手に襲い掛かる。先頭の西川選手が安打で出塁し、2番・中島卓選手の犠打で2塁へ。続く3番・大谷選手が「たたんでうまく打てました。チャンスを作ってくれたことが大きかったと思います」と語った3試合連続打点となる適時打で先制点を奪取。さらにランナーを2人置き、打席に立った6番・陽選手が7月8日以来、約一カ月半ぶりの一発で4対0。初回にいきなり4点の先制パンチを食らわせる。

一方、4点のビハインドを背負った千葉ロッテは2回裏、1死から7番・鈴木選手、8番・清田選手の連続四球で好機を作り、2死1,2塁で打席に立った9番・平沢選手が本拠地では初安打初打点となる適時二塁打で1点を返す。

スタンリッジ投手は2回以降は立ち直り、3回から7回まで無安打投球。2番手・松永投手、3番手・高野投手も無安打に抑える好救援。良い流れを呼び込み打線の奮起を待つが、相手先発・バース投手がそこに立ちはだかる。毎回のように走者を出すも、要所での決め球の変化球を打ち崩すことができず。反撃を封じ込まれてしまう。

逃げ切りを図りたい北海道日本ハムは、2番手以降の救援陣が無失点リレー。最終回は宮西投手が無失点で封じ、2010年以来6年ぶりのセーブを記録。チームは連勝を飾った。

依然、首位の背後にピタリとつける展開が続く北海道日本ハム。最後に栄冠を手にするのはどのチームとなるのか、楽しみはまだまだ続く。