【ファーム】太田椋が本塁打含む2安打3打点。連勝したオリックスが貯金生活へ

2019-08-06 16:04 「パ・リーグ インサイト」編集部

バファローズルーキー・太田椋 ドラゴンズ・松坂大輔から豪快な先制2ランホームラン!! 2019/8/6 B-D(ファーム)

 8月6日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われた、オリックスと中日のウエスタン・リーグ公式戦、第22回戦は5対3でオリックスが勝利。中日との対戦成績を10勝9敗3分とした。

 オリックスは初回、2番・宜保翔選手が二塁打で出塁すると、続く太田椋選手が5号2ラン。中日先発の松坂大輔投手から5試合連続安打となる一発を放ち、2点を先行した。

 オリックス先発の東晃平投手は、3回表に連打でピンチを招くと、中日の2番・伊藤康祐選手に適時打を浴び、同点に。しかし直後の3回裏、松坂投手から3者連続四球を選ぶと、杉本裕太郎選手の併殺崩れの間に1点を挙げ、3対2と勝ち越しに成功した。

 先発の東投手は5回6安打2失点の内容で降板。後を託された東明大貴投手、吉田一将投手がそれぞれ1イニングを無失点でつなぐと、7回裏に太田椋選手、T-岡田選手の連続適時打で2点を追加した。

 3点リードのオリックスは、8回表から登板した吉田凌投手が伊藤康選手に適時三塁打を浴び、1点を返されたが、9回表は漆原大晟投手が3者連続三振を奪う圧巻の投球で締め、5対3で試合終了。

 勝利したオリックスは、3番・太田椋選手が2安打1四球3打点の活躍。9回表に登板した漆原投手は、ウ・リーグトップを走る14セーブ目を挙げた。

  123456789 計
中 002000010 3
オ 20100020X 5

中 ●松坂大輔-清水達也-谷元圭介
オ ○東晃平-東明大貴-吉田一将-吉田凌-S漆原大晟

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/