【ファーム】田城飛翔が気迫のサヨナラ打!福岡ソフトバンクが2夜連続の劇勝

2019-08-07 22:13 「パ・リーグ インサイト」編集部

次代を担う若鷹が決めた‼ ホークス・田城飛翔 しぶとく当ててサヨナラ打を放つ‼ 2019/8/7 H-C(ファーム)

 8月7日、タマスタ筑後で行われた福岡ソフトバンクと広島のウエスタン・リーグ公式戦、第25回戦は、福岡ソフトバンクが6対5でサヨナラ勝利。2試合連続の劇的勝利で、カード勝ち越しを決めた。

 福岡ソフトバンクの先発・大竹耕太郎投手は1回表、先頭の大盛穂選手に安打を許すと、2死から小窪哲也選手に適時三塁打を浴びて1失点。苦しい立ち上がりとなった。しかし、福岡ソフトバンク打線も2回裏、広島・ローレンス投手の押し出し四球で1点を返し、同点に。

 何とか修正したい大竹投手だったが、3回表、1死を取ったところから4連打を浴び、3失点で勝ち越しを許す形に。さらに連続四球などで1死満塁としたところで無念の降板となり、2番手・渡辺健史投手にバトンタッチした。渡辺投手が何とか犠飛の1点に食い止めたものの、広島のリードは4点となった。

 ただ、福岡ソフトバンク打線も黙ってはいない。3回裏、中村晃選手が甘く入った球を完璧に捉えると、打球はあっという間に右翼スタンドへ。待望の一発でスコアを5対2とすると、続く4回裏にも攻勢を仕掛ける。1死1,2塁から福田秀平選手の適時二塁打、2死からコラス選手が走者一掃の2点適時二塁打で一挙3点を奪い、同点に追いついた。

 以降は一転して落ち着きを見せ、5回、6回とスコアボードに0が並ぶ展開となった。さらに7回表を奥村政稔投手、8回表を田中正義投手、9回表を川原弘之投手が3者凡退で抑えるものの、打線がなかなか援護できず。試合はそのまま延長戦に突入した。

 延長10回裏、ついに試合の均衡が破れた。広島の5番手・ヘルウェグ投手に対し、四球などで2死1,3塁としたところで、田城飛翔(たしろ・つばさ)選手が放った当たりは打球は投手を強襲する適時打。これで3塁走者が生還し、サヨナラ。福岡ソフトバンクが広島に6対5で勝利した。

  12345678910  計
広 1040000000  5
ソ 0113000001Ⅹ 6

広 ローレンス-塹江敦哉-矢崎拓也-中田廉‐●ヘルウェグ
ソ大竹耕太郎-渡辺健史-奥村政稔‐田中正義‐○川原弘之 

文・吉田貴

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/