連敗の流れを振り切り、連勝を目指す。広島を迎え撃つ楽天

2018-03-18 09:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

オープン戦11試合で7勝4敗の楽天は、17日と同じく18日も広島と対戦する。では17日の試合を振り返りつつ、広島戦の見どころを挙げていきたい。

【3月16日終了時 オープン戦成績】
楽天→7勝4敗

17日は、先発した美馬投手が4回2失点だったが、今江選手が3安打3打点の大活躍。福岡ソフトバンクから移籍してきた山下選手にも適時打が飛び出し、連敗を「3」で食い止めた。

連敗中は打線がつながらず、投手陣が崩れて敗れる展開が続いていただけに、2番手の辛島投手が3イニングス1失点と粘り、青山投手、ハーマン投手が1イニングずつを無失点に抑えたことは明るい話題だ。

打線も9安打5得点を挙げ、内田選手が打率.438、島内選手が打率.405で首位打者争いを繰り広げている。18日は、引き続き広島との対戦。連敗中の嫌な流れを引きずらず、投打がかみ合った好ゲームを展開できるだろうか。