福岡ソフトバンクが逆転勝ちで首位固め。北海道日本ハムは3失策が響く

2019-08-10 16:56 「パ・リーグ インサイト」編集部

【6回裏】ホークス・デスパイネ ライトへのタイムリーを放ち点差を縮める!! 2019/8/10 H-F

 8月10日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクと北海道日本ハムのカード初戦は、8対4で福岡ソフトバンクが逆転勝ち。相手の失策絡みで最大4点ビハインドをひっくり返し、首位固めとした。

 3.5ゲーム差で迎えたリーグ1位と2位の試合は、4回まで息詰まる投手戦となった。首位の福岡ソフトバンク先発・千賀滉大投手は、走者を出しながらも先制を許さず。北海道日本ハム先発・有原航平投手は1安打無失点と、完全に相手打線を抑え込む。

 5回表、1死満塁のチャンスを得た北海道日本ハムは、遊ゴロの間に1点を先取すると、渡邉諒選手が9号3ランホームラン。この回4点リードを握り、一気に優位に立つことに成功した。しかし、直後に痛恨のミスを連発してしまう。

 6回裏、福岡ソフトバンクは甲斐拓也選手、内川聖一選手、デスパイネ選手のタイムリーであっという間に1点差に迫る。そして7回裏、1死2,3塁で犠飛を狙った甲斐選手の飛球を、北海道日本ハムのセンター・西川遥輝選手が落球。この間に走者2人がかえって逆転する。さらに一塁手・清宮幸太郎選手の後逸などでも追加点を挙げると、8回裏にも福田秀平選手のタイムリーでダメ押しした。

 逆に4点リードを手にした9回表、福岡ソフトバンクは守護神・森唯斗投手が、北海道日本ハムの反撃を抑えてゲームセット。終盤で試合をひっくり返し、8対4で逆転勝利を飾った。先発・千賀投手は7回10奪三振、4失点も11勝目。「大事な試合で先制点を取られてしまったことが一番の反省です。結果をしっかりと受け止めて、次の登板に向けて頑張りたい。逆転してくれた野手の皆さんに本当に感謝です」とコメントした。敗れた北海道日本ハムは4点を先制しながら3失策が響き、ゲーム差を広げられた。