福岡ソフトバンク完封で3連勝。北海道日本ハム5連敗。直接対決で明暗分かれる

2019-08-11 17:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

【5回裏】ホークス・明石 試合の均衡を破るセンター前2点タイムリーヒット!! 2019/8/11 H-F

 8月11日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクと北海道日本ハムのカード2戦目は、2対0で福岡ソフトバンクが完勝。投手戦を制して3連勝を飾った。

 福岡ソフトバンクの先発・ミランダ投手は、5回まで投げて5四球も、相手打線を2安打無得点に抑え込む。対する北海道日本ハムはショートスターター・堀瑞輝投手が1回無失点で、2番手のロドリゲス投手も4回までゼロで粘ったが、福岡ソフトバンクが一枚上手だった。

 5回裏、1死から福田秀平選手がセーフティバントを決め、続く甲斐拓也選手が安打と盗塁で好機を拡大させると、明石健志選手がしぶとく先制タイムリー。「前の二人が良い形で作ってくれたチャンスだったし、生かせて良かった」と語る値千金の一打で、2対0とリードする。

 そしてその後は、投手陣がしっかりと試合を作った。6回から1イニングずつ、甲斐野央投手、高橋純平投手、モイネロ投手が無失点リレーをつなぎ、9回表は森唯斗投手が締めてゲームセット。試合は、2対0で福岡ソフトバンクが完封勝利した。

 先発のミランダ投手は、「初回からコントロールに苦しんで、球数が多くなってしまったことはしっかり反省しなければいけない」と神妙なコメントを残したが、チームは3連勝を飾り、首位の座をさらに確固たるものとした。一方、北海道日本ハムは5安打無得点。ここにきて痛恨の5連敗を喫した。