埼玉西武山川が704日ぶり4番外れる 「7番・一塁」でスタメン出場、4番は中村 

2019-08-11 16:36 「Full-Count」編集部
埼玉西武・山川穂高※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

埼玉西武・山川穂高※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

2017年9月6日以来約2年ぶりに4番を外れる山川

■千葉ロッテ – 埼玉西武(11日・ZOZOマリン) 

 埼玉西武の山川穂高内野手が11日の千葉ロッテ戦(ZOZOマリン)で約2年ぶりに4番を外れ、「7番・一塁」でスタメン出場する。代わって中村が2017年8月12日以来の4番に座る。

 山川はここまで32本塁打を放っているが、8月に入って放った本塁打は8試合でわずか1本のみ。山川が4番を外れるのは2017年9月6日以来約2年ぶり。チームが優勝した昨シーズンも開幕から全試合で4番に座っていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)