ホークス工藤監督、完封リレーにご満悦 「点を取られないと勝ちますね」

2019-08-11 17:59 「Full-Count」藤浦一都
福岡ソフトバンク・工藤監督※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福岡ソフトバンク・工藤監督※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

2度の満塁しのいだミランダに「相手も絞りづらかったかな」

■福岡ソフトバンク 2-0 北海道日本ハム(11日・ヤフオクドーム)

 福岡ソフトバンクは11日、先発のミランダが5回を無失点。6回からは4人の中継ぎ陣でつないで完封リレーで2-0で勝利。連勝で北海道日本ハムとのゲーム差を「5.5」とした。

 ミランダは3回に3四球で2死満塁、4回にも2四球と犠打エラーで1死満塁としながら、ともに最後は粘って得点を与えなかった。結局、5回を2安打、5四球の無失点と何とか試合を作った。

 打線がミランダの“怪投”に応えたのは5回。自打球で退いた牧原の代打・福田がバントヒット。甲斐が右前打で続いて盗塁を決めると、明石が前進守備の内野を抜くタイムリーで2点を先制した。

 6回からは甲斐野、高橋純、モイネロ、森の継投でハム打線をシャットアウトした。

 工藤監督は「ピッチャーが点を取られないと勝ちますね」と完封リレーにご満悦。甲斐野、高橋純の登板順に関しては「コーチの方からも今は純平が後ろの方がいい、と。1球1球、気持ちを込めて投げる姿を続けてくれていますし、いいボールを投げていると思いますよ」とした。

 次々と四球を与えながら無失点で凌いだミランダについては「逆に相手バッターも絞りづらいところがあったんじゃないかと思います」と苦笑いしながらフォローした。

 唯一の得点を入れた5回の攻撃については「福田君が機転を効かせてよく(バントを)やってくれましたし、甲斐君もボール球だったと思いますがよくエンドランを決めてくれました」と、タイムリーの明石に繋いだ2人を称えた。

 これで北海道日本ハムを突き放しゲーム差は「5.5」。工藤監督は「3連戦の中で勝ち越すことが大事。2つ勝てたというのは良い結果ですが、日々新たに、明日も集中して戦いたいですね」と言って監督室へと戻っていった。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)