【ファーム】山下斐紹が一時逆転弾含む4打点も、楽天が継投失敗で連勝ならず

2019-08-12 18:48 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】完璧に捉えて右中間へ!! イーグルス・山下の逆転ホームラン!! 2019/8/12 E-G(ファーム)

 8月12日、岩泉にて行われた楽天と巨人のイースタン・リーグ公式戦は、10対6で巨人が打撃戦を制した。

 楽天は1回裏、巨人の先発・戸郷翔征投手から岡島豪郎選手がタイムリーを放って、幸先良く先制するが、先発の藤平尚真投手がリードを守れない。3回表、松原聖弥選手のホームランなどで3対1と逆転されると、その裏に山下斐紹選手の巧みなヒットで1点を返すも、5回表に松原選手に特大の二発目を浴び、再びリードを広げられた。

 2点を追う楽天だったが、5回裏にフェルナンド選手の11号ソロで1点差に迫る。そして、7回裏には藤岡貴裕投手から、山下選手が3号逆転3ラン。6対4と試合をひっくり返す。

 しかし、直後の8回表、近藤弘樹投手がつかまった。満塁から松原選手に同点タイムリーを打たれ、さらに湯浅大選手のショート強襲の打球に、西巻賢二選手が果敢に飛び込むも、捕球できず。勝ち越しを許した。その後も巨人打線の攻撃を止められず、この回計5失点。リードを奪われ、スコアは9対6となった。

 9回表、宋家豪投手もマルティネス選手に被弾し、4点ビハインドを追い上げられずに試合終了。地方球場で行われた楽天と巨人の2戦目は、10対6で巨人が逆転勝ちした。楽天は一時勝ち越しに成功しながらも、直後の猛攻を抑え込めなかった。

  123456789 計
巨 003010051 10
楽 101010301 6

巨 戸郷翔征-池田駿-○藤岡貴裕-鍬原拓也-堀岡隼人
楽 藤平尚真-寺岡寛治-●近藤弘樹-今野龍太-宋家豪 

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/