埼玉西武齊藤大、首位追撃へ13日今季初先発「不安もあるが、やるしかない」

2019-08-13 11:03 「Full-Count」編集部
埼玉西武・齊藤大将※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

埼玉西武・齊藤大将※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

先発の今井が腰の違和感で抹消 齊藤大はショートスターターとしての起用が濃厚

■千葉ロッテ – 埼玉西武(13日・ZOZOマリン)

 埼玉西武の齊藤大将投手が13日のオリックス戦(メットライフ)で今季初先発する。

 2年目の齊藤大は開幕1軍入りを果たしたが4月末に2軍落ち。5月に再昇格を果たしたが、6月6日から再び再調整を行っていた。ここまでカード頭を任されていた今井が腰の違和感で登録抹消されており、齊藤大に白羽の矢が立った。13日の先発は1週間ほど前に告げられたといい、「いきなりだったので正直不安な部分もあるが、指名されたからにはやるしかない」と意気込んだ。

 今季2軍では14試合に登板し、そのうち先発は2試合のみ。ショートスターターとしての起用が濃厚で、「先発という意識よりも、複数イニングを投げるロングリリーフの気持ちで投げたい」と首位追撃に向けた重要なマウンドを見据えていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)