【ファーム】オリックスが逆転勝利。西浦颯大4安打、山足達也は満塁弾の活躍

2019-08-13 16:55 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】一挙7得点の猛攻!! バファローズ・山足 ダメ押しのグランドスラム!! 2019/8/13 B-T(ファーム)

 8月13日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われたウエスタン・リーグ公式戦、オリックス対阪神の20回戦は、終盤に打線がつながったオリックスが10対3で逆転勝利した。

 オリックス先発・東晃平投手は立ち上がりから阪神打線につかまった。初回、1死から小幡竜平選手に二塁打を許すと、続く打者を打ち取るも味方が失策。この間に走者が生還し、阪神に先制点が入る。2回表はナバーロ選手の犠飛、3回表は板山祐太郎選手の適時二塁打を浴びた。

 序盤から追いかける展開になったオリックスは、阪神先発・呂彦青投手の前に走者は出すが、決定打につながらない。0対3のまま迎えた5回裏、2死から太田椋選手の四球と西浦颯大選手の安打と盗塁で2,3塁とし、続く大城滉二選手の2点適時二塁打で1点差に迫る。7回裏には、西浦選手の安打と杉本裕太郎選手の四球でチャンスを築き、宗佑磨選手の適時打で同点に追いついた。

 試合を振り出しに戻したオリックスは8回裏に打線が爆発。先頭の西村凌選手がライトの頭を超える三塁打で出塁すると、福永春吾投手の暴投の間に勝ち越しのホームイン。続く飯田大祐選手の安打、太田選手の四球などで1死2,3塁から、西浦選手が今日4安打目となる2点適時打を放つ。なおも、宜保翔選手の安打と杉本選手の四球で満塁と好機を拡大させると、代打・山足達也選手に左中間への3号満塁ホームランが飛び出した。

 一気に阪神を突き放したオリックスは、直後の9回表を小林慶祐投手が無失点で締めた。試合は10対3でオリックスの逆転勝利。チームは連敗を2で止めた。

  123456789 計
神 111000000 3
オ 00002017X10

神 呂彦青-齋藤友貴哉-飯田優也-●福永春吾-石井将希-牧丈一郎
オ 東晃平-岸田護-エップラー-○吉田凌-小林慶祐

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/