中村奨吾の決勝打で千葉ロッテが連敗ストップ。北海道日本ハムは泥沼7連敗

2019-08-13 22:09 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/13 ファイターズ対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月13日、東京ドームで行われた北海道日本ハムと千葉ロッテの18回戦は、6対1で千葉ロッテが勝利。最終回に打線がつながり、連敗を4で止めた。

 北海道日本ハムは1回表、先発の堀瑞輝投手が無失点に抑えると、直後の1回裏に大田泰示選手の二塁打からチャンスを作り、渡邉諒選手のタイムリーで1点を先制した。

 幸先よく先制した北海道日本ハムは、2回から2イニングをバーベイト投手、4回から3イニングを村田透投手がそれぞれ無失点に抑える好リリーフでつなぐ。対する千葉ロッテ先発の石川歩投手は、2回以降立ち直りを見せ、追加点を許さず。6回を終え、1対0と北海道日本ハムリードのまま終盤の攻防へ。

 1点を追う千葉ロッテは7回表、北海道日本ハム4番手の石川直也投手を捉えた。井上晴哉選手が二塁打でチャンスを作ると、続く角中勝也選手の右前打で、代走の岡大海選手が一気に生還し、試合を振り出しに戻した。

 千葉ロッテは7回裏、石川投手が1死から安打と四球でピンチを招いたが、ここは東條大樹投手、松永昂大投手の小刻みな継投で無失点に。8回裏を東妻勇輔投手が3者凡退に抑えると、9回表に打線がつながった。

 9回表、1死から岡選手、角中選手の連打と四球で満塁とすると、中村奨吾選手の2点適時打で勝ち越し。続く平沢大河選手が2点適時三塁打、細川亨選手が適時打を放ち、この回一挙5得点。5点リードの9回裏は守護神の益田直也投手が3者凡退で締め、6対1で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、6月以来の先発マウンドに上がった石川歩投手が、6.1回8安打5奪三振2四死球1失点の力投。リリーフ陣も無失点投球でつなぎ、最終回につなげた。敗れた北海道日本ハムは、投手陣が8回まで1失点リレーでつないだが、9回表に守護神の秋吉亮投手が崩れ、7連敗を喫した。