埼玉西武から3死球でオリックス激怒→大乱闘 佐竹コーチが暴力行為で退場処分

2019-08-13 19:40 「Full-Count」編集部
オリックス-埼玉西武戦で両軍が入り乱れる大乱闘が発生※写真提供:Full-Count(画像:パーソル パ・リーグTV)

オリックス-埼玉西武戦で両軍が入り乱れる大乱闘が発生※写真提供:Full-Count(画像:パーソル パ・リーグTV)

佐竹コーチがマウンドに駆け寄り埼玉西武森脇を小突き乱闘に

■埼玉西武 – オリックス(13日・メットライフ)

 メットライフドームでのオリックス-埼玉西武戦で、両軍が入り乱れる大乱闘があった。

 埼玉西武の4点リードで迎えた4回、2死満塁の場面で埼玉西武2番手・森脇が若月に死球を与えた。この日チーム3つ目の死球に若月がマウンドに向かおうとすると、オリックスの佐竹一塁コーチがマウンドに駆けつけ、森脇の胸を両手で突いた。ここから両軍が入り乱れる大乱闘に。マウンド付近でのもみ合いがしばらく続いた。

 この乱闘で佐竹コーチが退場処分に。警告試合となった。

 オリックスは初回、先頭・福田が埼玉西武先発・齊藤大からユニホームをかすめる死球を受け、3回には1回途中の守備から佐野に代わって出場していた後藤も死球。ここで西村監督がベンチから出てきて、両軍が睨み合う乱闘寸前の騒ぎとなっていた。

 両チームは、4日の京セラドームでの対戦でも埼玉西武・岡田への死球をきっかけに乱闘寸前の騒ぎとなっていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)