千葉ロッテの勝利呼んだ東條&松永の「一人一殺」継投 その裏にあった吉井コーチの思い

2019-08-14 09:17 「Full-Count」岩国誠
千葉ロッテ・吉井理人コーチ※写真提供:Full-Count(写真:岩国誠)

千葉ロッテ・吉井理人コーチ※写真提供:Full-Count(写真:岩国誠)

同点の7回に東條→松永の継投で無失点、7月30日にも同じような継投を見せたが…

■千葉ロッテ 6-1 北海道日本ハム(13日・東京ドーム)

 13日の北海道日本ハム戦は最終回に一挙5得点を挙げ、6-1と逆転勝利を収めた千葉ロッテ。その布石の一つに、7回1死一、二塁で見せた「一人一殺」の継投があった。

 4連敗だった千葉ロッテは、ショートスターターからの小刻みな継投を繰り出す北海道日本ハムに対し、7回にようやく1点を返し、同点に追いつく。しかし、直後に粘投を続けていた石川が1死一、二塁のピンチを招いた。

 6月9日以来、久々の先発登板となった石川について、井口監督は試合前に「5回くらいまで」と語っていたが、予定を大きく超える6回1/3。さらに「当初は70~80球」(井口監督)だったはずの球数は102球に達しており、先発としての役割を十分に果たしての降板となった。

「調子のいい投手から使う」と井口監督が2番手に指名したのは東條。この試合で2安打を放っている2番・大田との対戦は、外角低めへのスライダーを中心とした配球でカウント2-2と追い込むと、1球ファールを挟んだ6球目、少し内側に入った低めのスライダーを引っ掛けさせて三ゴロ。併殺とはならなかったが、二塁でアウト1つを取り、左の近藤に対しては左投手の松永をぶつけて、このピンチを無失点で乗り切った。

 もともと「回の頭から投げた方が、リリーフピッチャーも投げやすい」という吉井理人投手コーチの考えもあって、イニング内での小刻みな継投をほとんど見せてこなかった千葉ロッテ。この日は「一人一殺」の継投が成功し、勝利に結びつけたわけだが、7月30日のオリックス戦でも同じような継投を披露している。

 2-1と1点リードの7回。1死一、二塁のピンチで2番手・松永が左打席に立つ4番・モヤを見逃し三振に切って取り2アウト。右の5番・ロメロに対しては東條をマウンドへ送った。その東條がスライダー2球を振らせて、簡単に2ストライクを取ったものの、その後4球続けた外角低めへのスライダーを全て見切られ、四球で満塁に。代打・宗に押し出し死球を与え、1点を失った。

「失点したからダメとしてしまうと、誰もいなくなってしまう」

 状況は少し違うものの、この日も30日の試合同様、左には松永、右には東條の「一人一殺」継投。30日には抑え込めなかったが、今回は結果を出した東條について、吉井コーチは「まだまだですけど」と前置きした上で「前回の反省が生きていると思います。ただ、苦し紛れに投じたボールを、相手が打ち損じてのサードゴロ。今回はラッキーな面もあったが、あそこでストライクゾーンで勝負に行ける度胸がついてきたというのは、成長だと思います」と一定の評価。ただ、「本当であれば(あの場面で)空振り三振を取れるくらいの投手になってほしい。まだ修行中です」と期待は大きかった。

 その東條の後を受けたのは左の松永。最近2試合でいずれも失点を喫していたが「野球は相手のあるスポーツ。失点したからダメとしてしまうと(投げる投手が)誰もいなくなってしまう。彼の実績を考えれば、こちらは何の心配もなく出しています」と吉井コーチも全幅の信頼を寄せる左腕だ。この日は巧打を誇る左打者、3番・近藤から見逃し三振を奪い、きっちり火消しをして見せた。

「一人一殺」をしっかりやりとげた2投手について、井口監督も「ああいうところ、7、8回でやられるケースが最近ずっと続いていたので、東條、松永がしっかり押さえてくれたのは大きかった」と勝因の一つに挙げた。

 現在、守護神・益田以外は勝ちパターンを固定できていない千葉ロッテリリーフ陣。多くの失敗がある中で「ダメでも使っていかないと、成長はない」と様々な状況で投手起用を続ける吉井投手コーチの思いが、一つの実を結び、連敗を止めた大きな1勝をもたらしたと言えるのかもしれない。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)