ロメロが2発6打点の大暴れ。今季最多得点の猛攻でオリックスが連敗ストップ

2019-08-15 21:55 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/15 ライオンズ対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月15日、メットライフドームで行われた埼玉西武とオリックスの第21回戦は、20対8でオリックスが大勝。先発全員安打を記録し、今季最多得点となる20点を挙げたオリックスが連敗を4で止めた。

 初回は両チームとも無得点に終わり、迎えた2回表。オリックスは埼玉西武の先発・本田圭佑投手から、4番・ロメロ選手がバックスクリーン左へ14号ソロを運び、先制点を挙げる。さらに3本の安打で1死満塁とすると、9番・若月健矢選手、2番・西野真弘選手、3番・吉田正尚選手に適時打が飛び出して4点を追加。一挙に5点を先制し、本田投手をマウンドから引きずり下ろす。さらに代わった2番手・小石博孝投手から5番・モヤ選手も適時打を放ち、7対0と試合の主導権を握った。

 続く3回表もオリックスの猛攻は続く。2死から西野選手が2打席連続となる適時打を放つと、吉田正選手の四球で満塁とし、続くロメロ選手が2打席連続となる満塁弾を左翼席に運び、この回5点を追加。12対0とリードを大きく広げ、埼玉西武を突き放した。

 反撃したい埼玉西武は4回裏、オリックスの先発・張奕投手から2番・源田壮亮選手が2号ソロを放つと、3番・森友哉選手、4番・中村剛也選手と3者連続で本塁打が飛び出して3点を返す。しかし、直後の5回表、オリックスは3番手・大石達也投手から1死1,2塁の好機を得ると、4番・ロメロ選手の適時打、5番・モヤ選手の6号3ランで4点を追加し、16対3と大きくリードを広げた。

 埼玉西武は、6回裏に4番・山川穂高選手選手の2試合連続となる35号2ランなどで追い上げるも、序盤に負ったビハインドを覆すことはできず。

 オリックスは7回表に吉田正選手の21号ソロ、8回表に敵失と内野ゴロの間に2点を加えると、9回表には6番・後藤駿太選手の適時打で得点を20の大台に乗せる。大量リードで迎えた9回裏は5番手・神戸文也投手が登板。1点を失ったものの、最後は2番・源田壮亮選手を二ゴロに打ち取って試合を締めくくり、オリックスが20対8で勝利した。

 オリックスが4月13日以来となる2桁得点を挙げての快勝。中でもロメロ選手が2本塁打6打点、モヤ選手が1本塁打5打点と、両外国人選手の活躍が光った。

 一方の埼玉西武は投手陣が崩れ、同一カード3連勝とはならず。2回途中7失点と打ち込まれた先発の本田投手は、「今日は全く自分の投球をすることができませんでした。序盤に大量失点をしてしまい、早い回に降板することになり、チームとライオンズファンの方に申し訳ない気持ちでいっぱいです」とコメントした。

文・成田康史