北海道日本ハム万波、本拠地初戦はベンチスタートも栗山監督「天真爛漫な姿は見ていて楽しい」

2019-08-17 15:02 「Full-Count」石川加奈子
北海道日本ハム・万波中世※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)

北海道日本ハム・万波中世※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)

楽天戦はベンチスタート「チームに貢献できたら一番いい」

■北海道日本ハム – 楽天(17日・札幌ドーム)

 北海道日本ハムのドラフト4位、万波中正外野手が17日、本拠地初戦となる楽天戦(札幌ドーム)を前に初々しさ全開だ。3月3日の横浜DeNAとのオープン戦以来となる札幌ドームのグラウンドに立つと「本拠地なので東京ドームとは違います。広いですね」と思わず笑みをこぼした。

 東京から札幌への移動日だった16日の行動について質問されると「ゆっくりしました。コンビニで歯磨きだけ買いました」とはにかんだ。14日に初めて1軍昇格し、14日千葉ロッテ戦(東京ドーム)に「9番・左翼」で出場して3打数無安打に終わった。東京で2試合を経験して1軍でのタイムスケジュールや流れも分かり「初日よりはバタバタしない。いい意味で慣れてきたかなと思います」と話した。

 全体練習前には清宮幸太郎内野手とともに特打を敢行。「できることを精一杯やって、それがチームに貢献できたら一番いいと思います」と力を込めた。プロ初安打を満員の本拠地のファンで放つことができれば最高だ。

 愛くるしい笑顔を見せる19歳に、栗山英樹監督も「(清宮)幸太郎もそうだけど、みんな天然じゃない。ああいう素材を生かしたいんだよね。天真爛漫な姿は見ていて楽しい」と起爆剤として期待する。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)