【ファーム】川瀬晃が劇的サヨナラ打! ホークスが息詰まる投手戦を制す

2019-08-17 21:04 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ホークス川瀬 勝利を呼び込むサヨナラタイムリーを放つ!! 2019/8/17 H-B(ファーム)

 8月17日にタマスタ筑後で行われた、福岡ソフトバンクとオリックスのウエスタン・リーグ公式戦第20回戦は、川瀬晃選手にサヨナラ打が飛び出した福岡ソフトバンクが1対0で勝利を収めている。

 試合は福岡ソフトバンク・大竹耕太郎投手、オリックス・本田仁海投手の両先発が揃って好投し、5回まで両チームともに無得点という投手戦に。福岡ソフトバンクは6回から継投に入ったが、2番手の泉圭輔投手が2イニングを無失点に抑え、相手に主導権を与えない。

 対するオリックスは7回からマウンドに上がった吉田凌投手が、1回を3者凡退に斬ってとり、膠着状態のまま試合は終盤に突入していく。オリックスは8回表、先頭の西村凌選手が三塁打を放って無死3塁と絶好機を作るが、この絶体絶命の状況でマウンドに上がった3番手の小澤怜史投手が無失点で凌ぎ、先制を許さなかった。

 その後も両チームの投手陣が無失点で踏ん張り続け、0対0のまま試合は9回裏に。福岡ソフトバンクは2死から連打で2,3塁とチャンスを作ると、川瀬選手がオリックスの5番手・エップラー投手からライトの頭上を超えるサヨナラ打を放ち、劇的なかたちで投手戦に終止符を打った。

 福岡ソフトバンクの先発・大竹投手は5回無失点という快投を見せ、復調の気配を感じさせた。後を受けたリリーフ陣も無失点と好投し、勝利に大きく貢献している。オリックスは先発の本田投手が6回無失点と、この試合でも安定した投球を披露。こちらも救援陣が8回まで無失点と奮闘したが、打線が沈黙して投手陣の頑張りに応えきれなかった。


  123456789  計
オ 000000000  0
ソ 000000001X 1

オ 本田仁海-吉田凌-東明大貴-齋藤綱記-●エップラー
ソ 大竹耕太郎-泉圭輔-小澤怜史-○岩嵜翔

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/