鷹と獅子の首位攻防戦第2ラウンド。福田秀平の先制パンチは飛び出すか

2019-08-18 09:20 「パ・リーグ インサイト」編集部

【4回裏】満塁に強すぎる男!! ライオンズ・中村 走者一掃タイムリーを放つ!! 2019/8/13 L-B

 8月18日、ヤフオクドームでは福岡ソフトバンクと埼玉西武の第19回戦が行われる。17日の試合は両チーム合わせて21得点という乱打戦となり、重要な初戦を埼玉西武が制している。首位攻防第2ラウンドとなる、18日の試合の見どころを紹介していく。

【今季対戦成績】
福岡ソフトバンク→9勝9敗 埼玉西武→9勝9敗

【福岡ソフトバンク】ミランダ投手 14試合6勝3敗 71回 47奪三振、防御率3.55
【埼玉西武】十亀剣投手 14試合4勝4敗 72回 47奪三振、防御率4.75

 福岡ソフトバンクの先発はミランダ投手。5月19日を最後に長らく白星から遠ざかっていたが、7月28日のオリックス戦で4勝目を挙げてからは3連勝中と波に乗っている。8月は2試合に登板し2勝0敗、防御率0.75と圧巻の内容。勢いそのままに自身4連勝を狙う。

 一方の埼玉西武は十亀剣投手が先発する。8月11日の前回登板では6回2失点と試合を作り、チームの勝利に貢献した十亀投手。しかし、ヤフオクドームでは、ここ3年で2勝6敗と大きく負け越している。今季も7月9日の登板で黒星を喫しているだけに、苦手を克服してチームに白星をもたらしたい。

 福岡ソフトバンク打線からは、福田秀平選手に注目したい。3試合続けて1番として起用されている福田選手は、右投手に対して打率.314と相性の良さを披露している。さらに十亀投手に対しては、7月9日の対戦で先制の8号2ランを放って攻略済み。この試合でも、攻撃の口火を切る一打に期待したい。

 埼玉西武打線からは中村剛也選手に注目だ。今季ヤフオクドームでは3割を超える打率を記録している中村選手。対戦するミランダ投手に対しても、5打数3安打と好成績を残している。4番での出場が続くベテランが、チームを勝利に導くか。 

文・成田康史