オリックス西野、右太もも筋損傷と診断 前日の試合で途中交代

2019-08-18 10:43 「Full-Count」編集部
オリックス・西野真弘※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

オリックス・西野真弘※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

前日17日の千葉ロッテ戦の走塁中に痛みを訴え、途中交代していた

 オリックスは18日、前日17日の試合で負傷交代した西野真弘内野手が大阪市内の病院で「右大腿二頭筋筋損傷」と診断されたと発表した。

 西野は17日の千葉ロッテ戦(京セラ)で6回に一塁を駆け抜けた際に痛みを訴え、直後の守備から退いていた。アイシングで様子を見た後に大阪市内の病院を受診し、MRI検査の結果、右大腿二頭筋筋損傷と診断された。今後は患部の状態を確認しながらリハビリを行う予定となっている。

 西野は今シーズンここまで53試合に出場し、打率.248だった。

(Full-Count編集部)