【ファーム】九鬼隆平が勝ち越し弾。若鷹が投手戦を制しウ首位攻防戦勝ち越し

2019-08-18 21:10 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】ホークス・九鬼のソロホームランで勝ち越しに成功する!! 2019/8/18 H-B(ファーム)

 8月18日、タマホームスタジアム筑後にて行われたウエスタン・リーグ公式戦、福岡ソフトバンク対オリックスの第21回戦は、3対2で福岡ソフトバンクが勝利。首位に迫るオリックスとのゲーム差を5.5とした。

 福岡ソフトバンク・笠原大芽投手、オリックス・荒西祐大投手で始まったウ・リーグ首位攻防戦。序盤3回までは両者落ち着いた投球で0が並び、試合はテンポよく進んだ。

 風向きが変わったのは4回表。1死からオリックスの3番・太田椋選手が四球で出塁すると、4番・杉本裕太郎選手がヒットでつなぎ1,3塁とする。この先制のチャンスで5番・宗佑磨選手がレフトへの犠牲フライを放ち、1点の先制に成功した。

 先制直後の4回裏、福岡ソフトバンクもチャンスを作る。3番・三森大貴選手、4番・柳田悠岐選手の連打で無死1,2塁とする。併殺で2死3塁となったが、ここで6番・栗原陵矢選手にタイムリーが生まれ、すぐさま同点に追いついた。

 同点に追いついた福岡ソフトバンクは5回裏、この回先頭の8番・九鬼隆平選手がバックスクリーン横に飛び込む4号ソロを放ち、勝ち越しに成功。ここから連打などで2死満塁とするが、ここは荒西投手が粘りを見せて得点には結びつかなかった。

 福岡ソフトバンクは6回表から継投策へ。田中正義投手がランナーを出しながら粘投し、7回表途中に田浦文丸投手が登板。きっちり無失点でつなぐと、7回裏に相手のエラーもあって1点を挙げる。2点のリードを持って8回表は岩嵜翔投手が連投のマウンドに立った。

 その8回表、オリックスは1死から失点につながるエラーをした宜保翔選手がミスを取り返すスリーベース。杉本選手が四球を選び2死1,3塁とすると、5番・宗佑磨選手の放った打球がピッチャーを強襲。タイムリー内野安打となり、1点を返した。

 9回表は川原弘之投手が完璧に抑え、福岡ソフトバンクが3対2で勝利。ウエスタン・リーグの首位争い、2位オリックスとの差を5.5ゲームとした。勝利した福岡ソフトバンクは九鬼選手が本塁打を含むマルチ安打。少ないリードを投手陣が守り切った。敗れたオリックスも先発・荒西投手が7奪三振、2失点と粘りを見せたが、打線が得点を重ねられなかった。

  123456789 計
オ 000100010 2
ソ 00011010X 3

オ ●荒西祐大-東明大貴-澤田圭佑
ソ ○笠原大芽-田中正義-田浦文丸-岩嵜翔-S川原弘之

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/